【深刻】CCleaner Cloudに
改竄マルウェアが仕込まれていた件




便利なツールもウイルス汚染。注意して使おう


無料システムクリーナーソフト(PC内の不要なデータを削除するツール)「CCleaner」がハッカーに改ざんされ、マルウエアが仕込まれて
いました。
英Piriform Limitedは9月18日(現地時間)、同社が公開しているシステムメンテナンスツール「CCleaner」および「CCleaner Cloud」が改竄の被害に遭っていたことを明らかにしました。
このマルウエアに感染していると、最悪の場合、PC内部の情報が外部のサイトに不正に送られてしまう恐れがあります。
普段は一般ユーザーにウイルスセキュリティの情報を細かく流さない環境でも大々的に対応を呼びかけるのは異例です。
かなり深刻な事態なのかもしれません。

影響は限定的?

ccleanerで検索するとCCleanerを使用するユーザーは227万人いることがわかりました。
深刻な被害が出ている訳ではなさそうで、Piriformは被害が広がる前に食い止められたとしていますが、
異例の注意情報に接する限り企業発表情報をそのまま鵜呑みには出来ません。
システムメンテナンスツール「CCleaner」が改竄の被害、ユーザー情報を外部送信 – 窓の杜
CCleanerの公式ファイルが改ざんされマルウェア入りの状態でダウンロード配布される – GIGAZINE

対策

CCleanerを利用している場合には、アンインストールするか、  最新のバージョンにアップデートしてください。
下記URLから「作者サイトからダウンロード」を押してソフトウェアを作った会社のダウンロードサイトに進んでください。
http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/ccleaner/
(最新バージョン(v5.34)は、不正なマルウエアのリスクへの対策が講じられているとされています。)