【パン旅】発見!那須高原は絶品パンの宝庫

パン旅。「発見!那須高原は絶品パンの宝庫」

女性に大人気のパン屋さんを巡る旅。

今回の舞台はパン好きの間で話題の、知られざるパンスポット那須。

那須連山を望む山麓に牧場、別荘地が広がる女性に大人気の高原リゾート。

那須街道を中心に30軒以上のパン屋さんがしのぎを削るパン激戦区です。

旅人は、木南晴夏と蔵下穂波のパン好き女優二人。

高原の恵みをふんだんに使ったおいしいパンを求めてパン旅をします。

【出演】木南晴夏,蔵下穂波,【語り】西脇保

【パン旅】長崎縦断!ご当地パンなぞ解きトリップ

【パン旅】最新!Tokyoサンドイッチコレクション

【パン旅】はんなりこんがり 京都はパン天国!

【パン旅】神戸のパン いいとこどりの一日旅

【パン旅】ふわふわ ハッピー!房総はやさしいパンの宝庫

別荘が点在する木々の緑を自転車で駆け抜けていく旅です。

お取り寄せ人気ナンバーワンのパンがあると聞いてやってきたのが、

パン香ベル・フルール

店内には50種類のパン。それもどこかかわったパンばかり。

三角形のパン生地に地元産粗挽きソーセージが詰まったパンや真っ黒のチョコパンなど。

大手通販サイトでお取り寄せナンバーワンのパンもあります。

一日300本も売れるのだとか。

自家製のオレンジの砂糖漬けがたっぷりと乗っているのが特徴です。

パンの中にもオレンジのリキュール付で香り付けしたクリームチーズにオレンジの皮の砂糖煮が入っています。

一日10個限定のパンを発見しました。この店のパンを考え出しているのがシェフの笠原計人さんです。

16年前に店を開きました。那須は全国でも珍しいパン専用の小麦が作られています。

農家と直接やり取りした小麦をこの店では挽いて使っています。

通常小麦は引いてから一週間以上寝かせたものを使います。挽きたての小麦はプロでも扱いが難しいそうです。

生地に弾力性がなく、うまく膨らまないこともあるからです。

挽きたての香りを活かそうと笠原シェフ渾身のパンが那須の小麦で作ったパンです。

フランスでの修行時代にシェフが学び本場のレシピでつくるバゲット。

地元那須の契約農家の地粉と清水那須の自然がいっぱいにつまったカンパーニュ。

クランベリー酒に漬込みちょっぴり大人の味がするキルッシュ。

オリーヴなど個性的なアイテムを見事にアレンジしたオリジナルメニューの数々。

パン好きなら一度は訪れたいお店です。

 

パン香ベル・フルール


パン香房ベル・フルール│店舗案内
栃木県那須郡那須町湯本494-15
TEL.0287-76-7008
営業時間 AM9:00~PM5:00(売切れ時終了) 休日:毎週木曜定休日(祝日の場合は営業。年末年始、GW等は無休)

酪農が盛んな那須塩原市。乳牛飼育頭数は本州一位です。

酪農家がはじめた パン屋さんを探しに行きました。

so-boku

那須塩原市青木の牧場地帯のど真ん中ある素材にこだわった美味しいパン屋さんです。

 

4年前から店主の眞島芳子さんが

酪農の傍ら、娘さんの千帆さんときりもりしている小さなパン屋さんです。

酪農家に嫁いだ芳子さんは、若い頃からパンを焼く夢を持っていました。

子どもが独立した65歳。念願だったパンの店を開くことにしました。

パンの価格は110円。

安さ秘密は自家製の新鮮な烏骨鶏の卵と無調整牛乳を使用していることにありました。

車で買いに来る人も多く過ぎ売り切れてしまいます。

 

so-boku

那須塩原市青木1858-2
TEL.090-7288-1760
営業時間11:00~売切次第終了 定休日:火曜日・水曜日・木曜日



パンの家

パン職人が作った本格バゲットからお土産焼き菓子まで幅広いラインナップを誇るのが「パンの家」。

同じ敷地内に貸しコテージもあるため宿泊も可能です。

泊り客の楽しみはパンを使ったバーベキュー「パンギュー」です。

お店で購入したパンを炭火で焼いて楽しみます。

ホイップしたバターと地元産の味噌・ピーカンナッツを混ぜたもの。店のまかないで食べているものです。

毎日の食卓に並ぶパン。毎日食べるものならば、できる限り新鮮で美味しく、

健康に良いものを地域の方々に提供していきたい!というのが

クーロンヌのパンづくりへの想いだそうです。

パンの家


那須高原パンのいえ クーロンヌ | パン工房クーロンヌ
冬季営業時間 12月~3月下旬*
平日 9:00~16:00 土日祝 9:00~16:00 *春休み期間中は全日6:30~18:00
4月~11月
平日 6:30~18:00 土日祝 6:30~18:00
定休日
毎週 火・水曜日(シーズンによって変更がございますので、お越しの際はお電話で営業しているかをご確認ください。)
TEL 0287-74-2677

那須高原パンのいえ ペンション クーロンヌ
那須高原パンのいえ ペンション クーロンヌ | パン工房クーロンヌ

那須のお土産に最適のパンをご案内します。

パン・ドゥ・ルアン

かつて那須御用邸の晩餐会に使われたという、由緒あるベーカリーです。

「あんぱん」と書かれた暖簾をくぐって中に入るとパンの甘い香りが広がります。

店内はコンパクトなつくりです。

扱っているパンはキングサイズ。さつまいもパンの長さは30センチ重さ450グラムあります。

このパン屋さんの売りは巨大さです。

リンゴの砂糖煮がまるごと一個はいったりんごパン。芯の部分にはメープルシロップとカスタードクリームがたっぷりです。

那須のおいしい水と空気で練り上げた生地をオーブンで毎朝焼き上げるのがこの店の流儀。

店内に並ぶパン約30種類と品揃えも豊富で、ラスクなどお菓子も販売しています。

パン・ドゥ・ルアン

栃木県那須郡那須町高久丙1195-98
TEL 0287-76-6001
FAX 0287-76-6001

まとめ

地元の食材をどう生かすか。

どうアレンジしてお客さんに食べてもらおうかという那須のパン屋さんの魅力が伝わってくる旅でした。

パンの本

ABOUTこの記事をかいた人

ガジェット愛好家です。世の中にあふれるモノゴトは、すべてヒトが作り出したもの。メディアなどから発見した情報を掘り下げてテキストにまとめて発信します。