お墓の悩み解決します!謎の人気墓地


番組に不思議な情報が飛び込んできた。
毎年数千ずつ増えている謎の“人気墓地”があるというのだ。
調べてみるとコレ「墓の墓場」。墓じまいをした後、墓石を処分するのは忍びないと、供養を依頼するのだという。
調べてみると、子や孫に墓守の苦労を強いたくないと、墓じまいやこれまでと違う埋葬方法を選択する人が増えていることが判明。
なかには成層圏まで遺灰を風船で飛ばす散骨方法まで。日本人にとって墓とは何かを考える。

【司会】所ジョージ,黒崎めぐみ,【出演】澤口俊之,牛窪恵,モーリー・ロバートソン,【リポーター】徳永圭一,【語り】吉田鋼太郎

所さん!大変ですよ
お墓の悩み解決します!謎の人気墓地

放送:2017年10月5日放送


謎の人気墓地

広島県福山市の山奥。
山道を10分ほど歩くと突如、整然と並んだ無数の墓石が現れました。

管理している住職の三島さんに話を聞くと、ここは「お墓のお墓だ」といいます。

ここは全国で墓じまいをされた墓石を供養する場所でした。
ここは墓石を供養する場所。
北海道から九州まで全国各地から送られてきたといいます。
よく見ると墓石の種類も千差万別。

戦死者やお坊さん、

そしてペットのお墓まで3万以上の墓石が敷地を埋め尽くしています。

今もなお毎年数千ずつ増えていて、
墓を建てるより最近は墓じまいの方が多いといいます。

余った墓石が全国からどんどん送られてくるようです。
人間が都会に集中するから地方にお墓だけ残ってしまうのです。

※無縁塔・古墓のお引取り案内

不動院

住所:〒720-1146 広島県福山市駅家町大字大橋423番地の8
電話:084-976-8194

墓じまいとは?

墓を建てるのではなく撤去したり処分したりすることを”墓じまい”といいます。
墓参りをするのが困難、墓参りをする人がいなくなるといった場合に、
墓の管理者(近親者など)が行います。
少子高齢化の進展により、墓参りをする人がいなくなるケースが増えています。

埋葬されている遺骨を別の場所に移す「改葬」は年間で9万件も行われています。

墓じまい事情

埼玉県川越市にある70代の夫婦。
奥さん方の墓地を墓じまいすることになりました。
理由は歳を取ってお墓を管理する事が難しくなったためです。
墓じまいの手順は住職がお経を唱えて魂を墓石から抜いた後に
クレーンで墓石を撤去して遺骨を別の場所に移せば完了です。

墓石は産業廃棄物として処理されます。
墓石を産業廃棄物として処理するのは忍びないという人も多く、広島県にあるような墓石供養場に送られているそうです。

自治体の負担が増えている

放置されたお墓には雑草がが生えたりして近所迷惑になることがあります。
自治体でも警告を出すのですが、お墓の持ち主が見つからないケースも増えています。
お墓の処分にかかる費用がが地方の財政を圧迫しています。

お墓を撤去されると「無縁仏」として処理されることになります。

厚生労働省の調べでは無縁墳墓を改葬した数は2013年度で5,044件ありました。
「団塊の世代」の人たちがリタイアする時期を迎えています。
墓に対してこれまでと違う考え方が出てきています。
”墓は代々、同じ家が継ぐもの” という考え方だけではなくなっています。
お墓を守るっていう時代より墓を含めた人間関係でつながっていくような時代になってきている。
時代の持つ価値観の変化が、お墓のお墓という現実からすけて見えてくるようです。