ゴジラシリーズを支えた美術監督・井上泰幸の展覧会が開催




ゴジラ映画のレジェンド

特撮映画の美術監督を多数務めてきた井上泰幸(1922~2012)
その世界を辿る展覧会が、3月25日から4月2日にかけて神奈川・海老名市民ギャラリーにて開催されます。

創作の秘密に迫る

井上泰幸さんは特撮映画の神様・円谷英二に信頼された特撮映画美術監督です。
展示されるのは、デザイン画や撮影コンテ、精密図面など東宝時代から、井上さんが1971年に海老名市上今泉に設立した特撮美術アトリエ「アルファ企画」までの作品の資料約300点です。
日本沈没(’74)、ゴジラ(’84)、ガメラ(’95)などキャラクターの造形にも携わったアルファ企画時代の作品からは、細部にまで精魂を傾けた井上さんの情熱が感じられます。

ゴジラシリーズを支えた美術監督・井上泰幸の展覧会が開催、資料約300点を紹介 – 映画ナタリー

2017年3月25日(土)~4月2日(日)神奈川県 海老名市民ギャラリー
開館時間 10:00~20:00
※4月2日(日)は17:00閉館
入場料:無料




ABOUTこの記事をかいた人

ガジェット愛好家です。世の中にあふれるモノゴトはすべてヒトが作り出したもの。新しいモノの背景にある人の営みを探るのが大好きです。発見した情報はまとめて発信しています。