悩みが次々解消!? 幸せの黒いキクラゲ

今、全国で「幸せの黒いキクラゲ」が増殖中だという。

思春期の娘との関係に悩むお父さんや、なかなか痩せないと悩む夫婦。

さらには体力が衰えた高齢男性。 皆、なぜかキクラゲを手にした途端、問題が解決。

なかにはキクラゲで年商1億円を稼ぎ出す脱サラ中年まで。

キクラゲマジックの背景には、キクラゲを巡るある“秘密”があった。

【司会】所ジョージ,黒崎めぐみ,

【出演】澤口俊之,牛窪恵,モーリー・ロバートソン,料理研究家…柳澤英子,

【リポーター】徳永圭一,【語り】吉田鋼太郎

所さん!大変ですよ「悩みが次々解消!? 幸せの黒いキクラゲ」

放送:2017年11月30日


悩みを解決してくれた黒いモノとは?

ギクシャクする家族の悩みを抱えていたのは。

大阪に住む鮫島哲也さんです。

                       

悩みを解決してくれたものがリビングにありました。

箱から出てきたのは奇妙な黒い物体です。

中華料理の材料などとして使われる「キクラゲ」です。

大学生の娘との間に最近隙間風が吹き始めていました。

そんな時、たまたま知人から勧められたのがキクラゲの栽培でした。

 

 

水をやれば一日で大きく成長し何度も収穫できるといいます。

しかし娘は・・・

ところが収穫したキクラゲが食卓に並ぶと娘に変化が・・・



思春期の女の子の気持ちすら動かしたキクラゲ料理とは。

さっと湯通ししてゴマ油で食べるキクラゲの刺し身。ぷりぷりした食感が楽しめます。

天ぷらにしても美味しくいただけます。
クセがないためどんな食材とも合わせやすいのが特徴。

一緒に育て料理のレシピを考えるうちに
自然と親子の会話も増えていきました。

文部科学省によると
キクラゲはカルシウムはしらす干しの1.5倍、
ビタミンDはシイタケの50倍、
食物繊維はキャベツの10倍あるといいます。



調べると自宅でキクラゲを育てている人を次々発見。

日光が当たらない風呂場でも手軽に育てることができます。

埼玉・所沢市の栗原昌之さんを訪ねました。
栗原さんは原木シイタケの栽培をしている。
シイタケ栽培は原木となる木を収穫のたびに上げ下ろしをする重労働。

そこで考えたのがキクラゲ栽培でした。

キクラゲは菌床と呼ばれるおがくずの塊で栽培されます。

シイタケ栽培に比べ重さが格段に軽いため、
手間が省け売り上げも伸びたという。

安全性が高いので国産のものを買おうという人が増えたと、栗原さんは言います。

きっかけは2007年に学校給食に使われた中国産キクラゲから基準を上回る農薬が検出されたこと。

以来、国産キクラゲが高騰したのです。



驚きのキクラゲ長者 年商1億円!?

山口県で年商1億というキクラゲ長者を取材。

もうかってますかとの問いかけに、「それなりに」と答えたのが近安裕司さんです。

ハウスの中に入ってみると。中にもう一つのハウスがありました。

農業用ハウスの中季節を問わず温度を一定に保つため二重構造になっています。

太陽を遮断し霧を満たす工夫が。

キクラゲ販売だけでなく、このノウハウの販売で年商1億を実現しているそう。

キクラゲビジネスを始めたい人に栽培用ハウスを販売し、考案したノウハウに従って一個300円ほどの菌床を買い続けてもらう。

注文は年間30万菌床以上。

キクラゲといってあなどってはいけません。



全国の「隙間」でキクラゲ大増殖!?

キクラゲで一攫千金を目論む人は他にも。

鹿児島・鹿屋市の竹之内さん。

廃校になった小学校の体育館を利用して、今年から年間20tのキクラゲを栽培。

3000万円を超える売り上げを見込んでいる。

香川・三木町ではガソリン販売に伸び悩む石油卸会社が参入。

新事業としてキクラゲ栽培に乗り出しています。

まとめ

全国の空き倉庫の中でキクラゲビジネスが始められています。