噂の暖房器具”サンラメラ”が東急ハンズに登場

遠赤外線暖房器の決定版サンラメラとはどんな暖房器具?

風邪を引く原因になったり、肌トラブルの原因になったりする空気の乾燥。
空気が乾燥する冬。暖房器具選びに頭を悩ませていませんか。乾き過ぎた空気は健康や美容の大敵です。
遠赤外線暖房器の決定版をご案内します。

どれにする?冬の暖房器具選び

ガスや石油ストーブは、扱いやすい反面、
空気が汚れやすく、万が一の火災が気になります。
電気ストーブもカーテンなどが接触する可能性が捨てきれず、
電気代も馬鹿になりません。
欧米などで使われているオイルヒーターは火災の点では安心ですが、
暖まりにくく電気代がかかります。
この冬注目を集めそうな暖房器具を東急ハンズ渋谷店がイチ押ししています。

ロングセラーの快適暖房器具

便利で安心、経済的にも納得できる商品を探せと、
ハンズのバイヤーたちが探し当てた暖房器具が「サンラメラ」。
実はこの商品の発売は昭和46年。けっこう年代物の商品です。

ハンズの宣伝によると、サンラメラはスグレモノなのだといいます。

空気が乾燥する季節、暖房をお使いの際、お肌がカサカサになったり、顔や頭がポ~ッとなってしまったことはありませんか?
サンラメラは火を使わず、風も音も出さず、静かに、そっとやさしく身体や壁、天井などの表面を暖め、その暖かさを反射させながら暖かさを広げ、お部屋全体を均一に暖めていきます。

体の芯から温まるヒーター「サンラメラ」のご紹介 – 店舗のイチオシ – 東急ハンズ渋谷店

火事の心配や室内の乾燥に配慮された商品です。

独自技術のしくみ

火事の心配がないというのは、この暖房器具の構造にあります。
一般の電器ストーブでは発熱する部分が1200ワット近くの高温になります。

しかしサンラメラの場合は。380ワットと低く、輻射式暖房で温める点に特徴があります。
サンラメラの熱焼板は、厚さ4ミリのセラミック板の裏面に特殊半導体をコーティングして
高温で焼いたものです。
この半導体に通電すると、電流量に比例して約300度までの熱が発生し、
このとき、3~20ミクロンの遠赤外線を放射するのです。

サンラメラ-陽だまりの暖かさ実現!!遠赤外線輻射式セラミックヒーターは遠赤外線の力で体中ポカポカ

超ロングセラーの”レアもの商品”

「サンラメラ」は一般に流通する電器製品ではありません。
家電量販店で手に入れようとしても実機を手に触れることはできません。

作ったのは株式会社アイエフという小さなメーカーです。
株式会社 アイエフ
〒136-0071 東京都江東区亀戸6-38-11
ノビールメンテウエダA-1F

社長が語った「セラミックパネルはの発想は、油田で採掘された原油を温めながら搬送する
パイプラインの技術が原点」というのも日本の技術の高さを納得できる話です。

販売から25年以上火災事故・出火原因ゼロの実績があるといいます。
日進月歩の電器製品の中では化石のような存在ですが、超ロングセラーという信頼がある商品です。
なぜかこのメーカーは販売ルートを口コミに頼りました。
通信販売でのみ販売してきたのです。
その理由も手作業でしか得られない高い品質を維持するためだったといいます。
いちどどこかの放送局で工場見学番組などにして欲しいところです

メリットとデメリット

商品の特徴をまとめてみました。

  • パネルヒーターやオイルヒーターより断然パワフル
  • サンラメラは秘密は「遠赤外線」。近赤外線(熱線)をほとんど出さない
  • 電気代は600型で1時間約10円程度。経済的にもグッド
  • 本体価格は少しばかり高め
  • 大量生産ができない

実演販売予定日

この商品が4階のインテリアコーナーで実演販売されています。

■開催日
2017年12月3日(日)、10日(日)、17日(日)、24日(日)
2018年1月6日(土)、7日(日)、14日(日)
■開催時間 11:30~18:30

体の芯から温まるヒーター「サンラメラ」のご紹介 – 店舗のイチオシ – 東急ハンズ渋谷店

無音無風の快適暖房!いつの間にか身体もお部屋もぽっかぽかに!
不思議な感覚の暖房器具を一度体験してみてはいかがでしょうか。