【ランキング】2018年冬アニメ・本命のアニメはこれだ

2018年冬アニメ・期待のアニメはどれだ

テレビ愛好家のAちゃんです。

年明け早々話題をさらったのが「カードキャプターさくら」です。

20年ぶりの新作登場に、老いも若きも胸に熱い血をたぎらせたに違いありません。

各メディアも冬アニメに注目。人気投票が一斉に始まりました。

新春シリーズのランキングを見るとヒットする作品の傾向が占えます。今年はどんな年になるのでしょうか

 

ランキング

1位:オーバーロードII
2位:カードキャプターさくら クリアカード編
3位:七つの大罪 戒めの復活
4位:斉木楠雄のΨ難(第2期)
5位:からかい上手の高木さん
6位:だがしかし2
7位:Fate/EXTRA Last Encore
8位:銀魂 銀ノ魂篇
9位:デスマーチからはじまる異世界狂想曲
10位:弱虫ペダル GLORY LINE
「dアニメストア」

1位:七つの大罪 戒めの復活
2位:カードキャプターさくら クリアカード編
3位:斉木楠雄のΨ難(第2期)
4位:弱虫ペダル GLORY LINE
5位:だがしかし2
6位:ラーメン大好き小泉さん
7位:オーバーロードII
8位:Fate/EXTRA Last Encore
9位:からかい上手の高木さん
10位:恋は雨上がりのように
『eb-i Xpress』

1位:ヴァイオレット・エヴァーガーデン
2位:カードキャプターさくら クリアカード編
3位:オーバーロードII
4位:宇宙よりも遠い場所
5位:ゆるキャン△
6位:ラーメン大好き小泉さん
7位:Fate/Grand Order -MOONLIGHT/LOSTROOM-
8位:多数
「あにこれ」

見どころ

王道ファンタジー「七つの大罪 戒めの復活」。本作は2014年10月にテレビアニメ第1期 、2016年8月にはテレビアニメのスペシャル版が放送 、2018 年夏には劇場版の公開が予定されています。世代を問わず幅広い層からの票を集め、男性のランキングにおいてもトップを獲得しました。

1996年 ~2000年に少女漫画誌で連載された人気漫画『カードキャプターさくら』。新作 「クリアカード編 」の連載にあわせ、約20年ぶりとなる「カードキャプターさくら クリアカード編」が放送開始。10代未満 と20~30代女性の支持が高く、新旧両方のファンからの期待を集めていることが伺えます。

「斉木楠雄のΨ難」第2期。同名の漫画作品を原作とし、2016年にテレビアニメ第1期が放送 、2017年10月 には実写映画も公開された。10代を中心に支持されている。

「オーバーロード」はWEB小説1000万pv&書籍累計410万部を誇る大人気シリーズ。 重厚な世界観の最凶ダークファンタジーです。

私が期待するこの3作

  1. 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」京都アニメーションの神作画に期待します。
  2. 「ハクメイとミコチ」原作の世界観にハマりました。原作の細密描写をアニメーターがどう描くか興味があります。
  3. 「りゅうおうのおしごと」ライトノベルで話題をさらった将棋ラブコメ。

穴馬

「ポプテピピック ポプ子」

昨年のおそ松さんブームの再来を予感させるのがこのマンガ。

アニメーションになって破壊力がどのように変化するかがたのしみです。

まとめ

大相撲が国技というのであれば、アニメーションは日本が世界に誇る文化です。

動画作品を支える人材は、作家、美術家、音楽家、声優、映像クリエイターと圧倒的な広がりを持っています。

観客層も年齢、性別を超え大勢の支持をえるまでになりました。

制作環境をさらに向上するためにもいい作品を数多くの人に見てもらいたいと年のはじめに願います。