食べるを描く。ジブリの企画

三鷹の森ジブリ美術館が5月27日より新企画展示「食べるを描く。」を開催することが明らかになりました。家族で楽しむジブリの企画です。

新企画展示のお知らせ 「食べるを描く。」 – 三鷹の森ジブリ美術館

企画・監修: 宮崎吾朗

噛み切る動作や箸さばきなど、食べるための動きをアニメーションで描くには、観察力が欠かせません

『天空の城ラピュタ』の中でパズーとシータが”目玉焼きトースト”を一緒に食べるシーン、『千と千尋の神隠し』で千尋がハクにもらった”おにぎり”を涙を流しながら食べるシーン、『ハウルの動く城』の中でハウルが”ベーコンエッグ”を作り、ソフィーとマルクルとみんなで食べるシーンなど各作品の記憶に残る”食のシーン”を取り上げて、どのようにして印象に残るシーンが描かれているかをパネルで紹介




期間: 2017年5月27日(土)~2018年5月(予定)
主催:(公財)徳間記念アニメーション文化財団
特別協力: スタジオジブリ
協賛: 株式会社日清製粉グループ本社、丸紅新電力株式会社