セカンドの美学「シャア・アズナブル」




テレビ愛好家のAちゃんです。

伊勢丹にジオン公国が現れたというニュースにちょっとびっくりしました。

こどもの日狙いとはいえ、(昔子どもだった)大人も取り込もうという狙いがシャープすぎたからです。

ガンダム世代も年を取ったなあ。

見どころは、なんといってもシャア執務室でしょう。

さすが伊勢丹。高級感が半端ないです。

伊勢丹新宿店で「ジオン」の世界を体感!「機動戦士ガンダム×ISETAN WELCOME TO ZEON」5月6日まで開催中! | 公式ガンダム情報ポータルサイト

さて、

ヒーローの陰で独特の存在感を放つ脇役「セカンド」の魅力は何か。

その秘密を掘り下げる番組「セカンドの美学」が、BSプレミアムにて4月28日(土)に放送されました。

狙ってヒットを飛ばすため、手法として敵役に主役を凌ぐ魅力を持たせるというのが最近のアニメの定石です。

その手法を最大限に発揮したのが初代ガンダムの敵役“シャア・アズナブル”ではないでしょうか。

ファンというよりファンの心を掴むのが制作者の仕事。

制作者よりの目線で見ると、ものづくりの考え方や姿勢に気付かされる点が多々あります。

主役を凌ぐ人気を誇る2番手に着目したところがおもしろい番組です。

NHKでは、最初の放送から40年目を迎えた今年、「機動戦士ガンダム」の大投票を実施しました。

BSプレミアムでは、アニメ56作品、登場キャラクター2000人以上、モビルスーツなどメカ900以上、アニメソング200曲以上を網羅したデータベースを構築。視聴者のみなさんにそれぞれのカテゴリーのお気に入りを選んでいただく、史上初の「全ガンダム大投票」

その結果発表が5月5日夜生放送されます。

全ガンダム大投票 40th | NHK

その前哨戦を飾るちょっとナナメから見た特集番組です。

テレビ放映スタート1979年。

以来40年近い今も「機動戦士ガンダム」の主役はアムロ・レイ。

そして「セカンド」こそ“シャア・アズナブル”。

彼も主役に勝る人気を誇る登場人物です。

今回番組はこの超大作「機動戦士ガンダム」のセカンド“シャア・アズナブル”の魅力を探ります。

取材するのは3人のディレクター。

自分でカメラを持ち、全国の“シャア”ファンはもちろん、制作側の方々まで取材を申し込み。

キャラクターデザインから総監督まで務めた安彦良和さん、シャア役の声優・池田秀一さん、

シャアのライバル、アムロ役の声優・古谷徹さん、

シャアの恋人・ララァ・スン役・潘 恵子さん、そして妹役、潘めぐみさんなどなど。

シャアを語る上では欠かせない方々ばかり取材します。

それも番組ディレクターが調査から取材交渉、撮影まで丸ごと番組にしちゃいます。

「セカンドの美学 ~シャア・アズナブル~」by小泉 | セレクション | SPECIAL COLUMN | NHK BSオンライン

セカンドの美学「シャア・アズナブル」

放送:2018年4月28日

 

書籍




ABOUTこの記事をかいた人

ガジェット愛好家です。世の中にあふれるモノゴトは、すべてヒトが作り出したもの。メディアなどから発見した情報を掘り下げてテキストにまとめて発信します。