ネコメンタリー 猫も、杓子(しゃくし)も。ラブレターと決意表明のあいだ 「柚月裕子とメルとピノ」



愛猫家の作家たちは、今も昔も数知れず。もの書く人々はなにゆえに猫を愛する?

書下ろしの文章を作家たちに依頼、自由気ままな猫の姿と、彼ら彼女らを愛し同時に翻弄される?

作家たちの生活を映像化する、2回シリーズ。

直木賞候補「孤狼の血」が映画化され、今最も注目されるミステリー作家の柚月裕子さんは、山形県で2匹の猫と暮らしている。

ぴんと立った耳がチャーミングなヒマラヤンのメル(7歳・♀)と、丸くて大きい目をしたチンチラゴールデンのピノ(9歳・♀)。

おだやかで優しい性格の二匹は、いつも静かに柚月さんのそばにいる。

柚月さんは作家となって10年目。

子育てがひと段落した頃に地元の小説スクールに通ったのがデビューのきっかけだった。

作家となり忙しくなったときに飼いはじめたのが、メルとピノだった。

「自分が作家になれるとは思っていなかった」という柚月さんが創作で疲弊した時、静かにただそばにいてくれるメルとピノは、かけがえのない存在だ。

山形の美しい自然を背景に、ゆっくりと時間が流れる猫との日々を見つめる。



ネコメンタリー
猫も、杓子(しゃくし)も。ラブレターと決意表明のあいだ
「柚月裕子とメルとピノ」

放送:2018年8月13日(月)

ABOUTこの記事をかいた人

ガジェット愛好家です。世の中にあふれるモノゴトは、すべてヒトが作り出したもの。メディアなどから発見した情報を掘り下げてテキストにまとめて発信します。