世界最悪の景観を持つホテル




覆面芸術家として知られるイギリスのグラフィティ・アーティスト・バンクシー。

彼がプロデュースしたイスラエルのホテル「THE WALLED OFF HOTEL」がベツレヘム近郊に3月オープンしました。窓を開けるとイスラエルが建設した壁が見えることから「世界最悪の景観を持つホテル」として話題を集めています。

右手に見えるコンクリートの壁の向こうはヨルダン川西岸地域。ウォールペイントされた壁の向かい側にある4階建ての建物が「THE WALLED OFF HOTEL」です。ホテルの窓を開けても見えるものは殺伐とした壁や監視塔だけ。ホテルの売り文句は「世界最悪の眺め」。もちろんイスラエルのパレスチナ占領を批判したものだそうです。

 

イスラエル当局者の目を盗むかのように秘密裏に建てられたといわれるこのホテルは、パレスチナ住民が多く住む西岸に、外国人観光客を呼び込む狙いがあるといわれています。

イスラエルの国境警備隊とパレスチナ人が枕投げを楽しんでいる絵が飾られる客室。

Budgetという部屋は、まるで軍の野営のようなインテリアです。遠い世界で起きている現実を、遠回しに皮肉るアーチストの発想と行動力に脱帽します。




ABOUTこの記事をかいた人

ガジェット愛好家です。世の中にあふれるモノゴトはすべてヒトが作り出したもの。新しいモノの背景にある人の営みを探るのが大好きです。発見した情報はまとめて発信しています。