ローカルな魅力が満載
地元パンが生まれた理由

「マツコの知らない世界」で取り上げられたのは

”地元パン”です。

大手のパンメーカーが売っているパンは値段も味も合格点ですが、

近所の人を相手に毎日の商売をしている地元のパン屋さんには、

大手メーカーもかなわない売れ方をしている

人気商品・定番商品がゴロゴロあります。

流通ルートに乗らないお宝のパンを紹介する番組も増えてきました。

地域のパン屋さんが作ったとっておきのパンを 甲斐みのりさんが紹介しました。

マツコの知らない世界「地元パンの世界」

放送:2017年11月21日

出演者の甲斐みのりさんは文筆家として活動中です。

出身は大阪芸術大学。大阪芸術大学といえば漫画家の島本和彦さんも同校出身。

半自伝的な著書「アオイホノオ」の中で「大作家芸術大」ともじっていたのを思い出しました。

植草甚一に通じる雑学家とフィールドワーカーの匂いを感じさせます。

彼女が最近興味を持ったのがご近所のお客さんを相手に商売する「地元パン」の世界。

番組にはこれまでの取材のエッセンスが詰まっています。

マツコの地元、千葉県のご当地パン

11店舗あるパン店「マロンド」の「やぶれあんぱん」や

銚子市にある山口製菓舗の「サンオレ」などが紹介されました。

マツコが思わず絶句した秋田市にあるたけや製パンの「学生調理」は

学校の購買部でテスト販売したところ大人気だったため商品化されたといいます。

東金駅「木村屋ベーカリー」カステラパン

カステラパンはにんじんとトマトが練り込まれているのが特徴です。

住所 千葉県東金市東金1275
電話 0475-52-2202

ホーム – 木村屋ベーカリー 木村屋仕込之介萬書

 

千葉「マロンド」やぶれあんぱん

「マロンド」やぶれあんぱん」の画像検索結果

究極まで餡を詰めた結果、パンに餡が入っているというより、パンが餡の「皮」になっています。

住所 〒262-0013 千葉県千葉市花見川区犢橋町349−1
電話 043-286-1111

銚子駅「赤毛のアン」サンオレ

50年のロングセラー 自家製タマゴサラダを器型のパンにつめたおかずパン

住所 千葉県銚子市清川町2-1122 山口製菓舗 本社
電話 0479-22-4588

秋田「たけや製パン」学生調理

はさんであるのは、ナポリタン、キャベツサラダ、魚肉ソーセージのフライです。

甲斐さんから「学生調理」の説明を聞いたマツコは「琴線に触れてしまった」

住所 秋田県秋田市川尻町字大川反233-60
電話 018-864-3117

ローカルパンの魅力とは

甲斐さんが小学生のころに食べていたという懐かしのパンが静岡県の「のっぽパン」です。

一度は販売中止となりましたが、ファンの要望で復活しました。

甲斐さんは大学生のころ、北海道を旅して訪れたコンビニでご当地パンに興味を持ち、

地元パンを求めて旅をするようになったといいます。

地元パンの定義は、戦後すぐに創業したパン屋が長年作り続けているパンだそうです。

第2次世界大戦後に学校給食制度が始まり、様々な業種の人がパン作りに参入したのです。

静岡沼津「パンデロール」のっぽ

「バンデロール」のっぽ」の画像検索結果

ねぼけまなこのキリンがプリントされたパッケージでおなじみのパンです。

「バンデロール」のっぽ」の画像検索結果

アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の第7話で、

主人公たちが東京へ旅立つ日、沼津駅で友人たちから“旅のお供”として渡されたことで脚光をあびました。

34センチのロングサイズ菓子パンは1978年に発売。アイテムごとにキリンのキャラクターが違うのも特徴です。

住所:沼津市西島町20-2
電話:055-924-0181

意外な誕生秘話も… 絶品オススメ地元パン

福岡・久留米市の地元パン「東京堂パン国分店」の「ホットドッグ」。

マツコは「全然ホットドッグじゃない」とコメントしたこのパンは

キャベツのマヨネーズ和えとプレスハムを挟んだ惣菜パンです。

創業者がアメリカにホットドッグというパンがあるという噂を聞き、

「暑がりの犬」のようなパンをイメージして作られたといいます。

福岡 久留米「東京堂製パン屋 国分分店」特製ホットドッグ(肉ミンチ入り)

「東京堂製パン屋 国分分店」特製ホットドッグ」の画像検索結果

ホットドックは木村屋さんが元祖、しかし犬が熱くて下を出している

住所 福岡県久留米市国分町216
電話 0942-21-9658

産地が育てた名物パン

熊本市の高岡製パン工場の「ネギパン」を紹介。

高岡製パンの社長が約10年前に考案したパン全国ご当地パン祭りで2位。

高校生のネギ嫌いを克服するために作ったことがキッカケ

1日約300個販売熊本県産小麦・ミナミノカオリを使用。

柔らかな食感の生地に熊本産の葉ネギを練り込んでいる。

パンの中にはネギと鰹節、ソースで味付けしてお好み焼き風味になっている。

マツコは「初めておにぎりのツナマヨネーズを食べたときのような気持ち。

もっと定番になってもいい」とコメントした。
ネギパンは、「ネギが嫌いな友達のためにネギが入っていると気づかないパンを作ってほしい」

という学生からのリクエストを受け、誕生した。

熊本「高岡製パン」ネギパン

「高岡製パン」ネギパン」の画像検索結果「高岡製パン」ネギパン」の画像検索結果

住所 熊本県熊本市東区栄町1-11
電話 096-368-2550

 

島根「なんぽうパン」

「なんぽうパン」の「バラパン」の画像検索結果

島根・出雲市にある「なんぽうパン」の「バラパン」。

文字通り見た目は薔薇の花びらのようです。

花が好きな職人がバラの美しさに感動し、花びらの美しさを再現しようと作ったといいます。

繊細な美しさを表現するため、手作業でしか作れない限定品です。

住所 島根県出雲市知井宮町1274-6
電話 0853-21-0062

見た目でも楽しめる 珠玉のパッケージ

甲斐さんによると、地元パンのパッケージの中に時代や歴史が隠されていることがあるという。

鹿児島・姶良市にあるイケダパンの「シンコム3号」は、世界初の静止衛星が由来。

 

沖縄「株式会社ぐしけん」なかよしパン

「株式会社ぐしけん」なかよしパン」の画像検索結果

沖縄・うるま市のぐしけんが作る「なかよしパン」は、

太平洋戦争中、南方戦線に送られた父親が、

「お腹いっぱい食べてほしいと」生きて帰ってきた喜びを込めて創業した店です。

戦争から無事に「帰る」願いを「カエル」のイラストで表現しています。

このカエルの名前はぐしけんパン創業者と同じ名前のしゅういちくんです。

住所 沖縄県うるま市字州崎12-90
電話 098-921-2229

呉駅「メロンパン 本店」平和パン

「メロンパン 本店」平和パン」の画像検索結果

呉を舞台とした「この世界の片隅に」。浦野すずさんも味わったのではないでしょうか。

軍港を抱えた呉は戦争中空襲で被災しました。

それを案じた隣接する広島市民がようけえ救援に駆けつけたそうです。

その後、原爆の惨状を知った呉の人たちは、

放射能汚染も顧みず広島に駆けつけ被災者の救護にあたりました。

「長崎のカステラ」の入った「広島のパン」なので ”平和パン”というところが

しみじみしてしまいます。

住所 広島県呉市本通7-14-1
電話 0823-21-1373

呉のメロンパンホームページ

「イケダパン」シンコム3号

「イケダパン」シンコム3号」の画像検索結果

カステラ生地の中にクリームが入っています。

イケダパンのサイトには掲載されていません。

定番商品 菓子パン イケダパン オフィシャルサイト

http://www.ikedapan.co.jp/

長野の牛乳パンのパッケージが似ている

長野の名物”牛乳パン”。

様々なパン屋が牛乳パンを作っているが、パッケージはなぜかそっくり。

乳白色の袋に青い文字とパッケージが微妙な違いがあるもののよく似ています。

<a href=”http://blog.livedoor.jp/e_aji/archives/65825030.html”>「全国イイ味ハマル味」:木曽福島「牛乳パン」その7 – livedoor Blog(ブログ)</a>

・ブーランジェリーナカムラ
・モンパルノ
・若久堂
・小松パン店
・小林製菓舗

つくっている会社に由来を聞いても、要領を得ない答えばかり。

ようやく得た手がかりによると、第一次ベビーブームの際にパン組合が広めたことがきっかけでした。

さらに取材をすすめると、イラストを描いた人がいることがわかりました。

木曽福島駅「かねまる」牛乳パンのイラストのルーツ

住所 長野県木曽郡木曽町福島八沢5354-1
電話 0264-22-2437
牛乳パンのイラストのルーツは息子さんのシゲルさん

ジャンクフードと意外な取り合わせ

横須賀 久里浜「ワカフジベーカリー」ポテチパン

「ワカフジベーカリー」ポテチパン」の画像検索結果

キャベツにポテトチップスを混ぜてマヨネーズと塩コショウで味付けしたパン

ポテトチップスパンでおなじみ!

住所 神奈川県横須賀市舟倉1-15-8
電話 046-835-0548

まとめ

グルメというと高級食材を使った豪華なものが浮かんできますが、 ふだん気軽に食べるありふれたものの中にも、びっくりするような変わり種や 他の店では食べられないオリジナリティあふれたものがあることがわかりました。 美味しいものにめぐりあいたければ、その土地の人から愛され続けているものを探していくことが たいせつだと感じました。