ネコメンタリー 猫も、杓子(しゃくし)も。<ネコの形をした存在感>を感じてほしい 「保坂和志とシロちゃん」




愛猫家の作家たちは、今も昔も数知れず。もの書く人々はなにゆえに猫を愛する?

書下ろしの文章を作家たちに依頼、自由気ままな猫の姿と、彼ら彼女らを愛し同時に翻弄される?

作家たちの生活を映像化する、2回シリーズ。

作家、保坂和志さんの時間は猫を中心に回っている。

これまでたくさんの猫と暮らし、そして見送ってきたが、現在シロちゃん(15歳・♀)の世話に追われる日々。

朝ご飯をあげることから保坂さんの一日は始まり、体調を気にして天気や気圧を観察し、

シロちゃんのために遠くに出かけることも少なくなった。

保坂さんにとって猫は生活そのものであり、猫がいるから、四季があり、時間があり、喜びがあり、悲しみがある。

一日一日を大切に積み重ねてゆく一人の小説家と猫とのふれあいを見つめながら、生きるということそのものを考える。

ネコメンタリー
猫も、杓子(しゃくし)も。<ネコの形をした存在感>を感じてほしい
「保坂和志とシロちゃん」

放送:2018年8月6日(月)

関連書籍