グーグル出身者が立ち上げた「カフェでコーヒー飲み放題」会員制サービス

 

東急東横線・大井町線の自由が丘駅から歩いて5分程度。

商店街の一角に4月22日にオープンしたこの店は毎月一定の金額を支払うことで、コーヒーなどが飲み放題になる「サブスクリプション型」の飲食店です。

「”IT目線”でコーヒーハックを提案する」というのがこの店のコンセプト。デジタル・テクノロジーの味わいもプラスしたお店なのです。

ALPHA BETA COFFEE CLUB(アルファベータコーヒークラブ)

Alpha Beta Coffee Club

住所:東京都目黒区自由が丘2丁目10-4ミルシェ自由が丘3F

電話:03-5726-8433

年中無休 月~金 7:00~23:00 / 土日祝 10:00~23:00

このお店を創業したのは、グーグルでアジア太平洋地域のデジタルマーケティング責任者として働いていた大塚ケヴィンさん。

大塚さんははスタンフォード大学卒。グーグルのテクノロジーが普及し、人々の生活が激変していく様子を見てきました。

そこで「ITをほかの業界に持ち込むことで、面白いことができるんじゃないか」と考えて独立したのだそうです。

自由が丘を選んだのは「そしてITの“色”がない地域に、あえて持ち込みたいという考え」だったのだそうです。


グーグルでアジア太平洋地域のデジタルマーケティング責任者だった大塚ケヴィン(写真右)が創業。米サンフランシスコでフードデリヴァリーサービス事業「Zestly」を立ち上げたアルヴィン・チャン(写真左)がプロダクトマネジャー兼デザイナーとして加わった。

コーヒー豆の選び方やブレンドの分量、挽き方から抽出時間の管理までITで培った発想を活かし、「手順=プロトコル」を定型化しました。

会員管理には非接触型のICチップを導入。店内には高速Wi-Fiも完備しています。

まだ日本の飲食業界では馴染みがない「サブスクリプション」サーヴィスは、毎月決まった金額を支払うことで、コーヒーなどが飲み放題になるシステムです。

カリフォルニアのカフェでの主流となっているサービスを導入しました。

グーグルといえば、社員食堂の充実ぶりでも知られる企業です。

トーストやスイーツなどの軽食類にも行き届いたサービスが感じられます。

ビールのようにビールサーバーから窒素ガスで泡立てる「Nitro Cold Brew」は2011年にポートランドの「Stumpton Coffee」で人気を博した商品も暑い日には注目です。

¥7,500で翌月の同日まで(約30日間)コーヒーが飲み放題ということは、一日にならすと250円。

大量にコーヒーを飲む人にとっては注目のスポットの誕生です。

 

ABOUTこの記事をかいた人

ガジェット愛好家です。世の中にあふれるモノゴトは、すべてヒトが作り出したもの。メディアなどから発見した情報を掘り下げてテキストにまとめて発信します。