三浦春馬とJUJUが旅に出る!70分拡大夏SP






三浦春馬がフランスの地方をめぐり、極上のチーズを探す旅。アルプスで出会った絶品チーズ。南フランスでは、グルメな山羊のフレッシュチーズに出会って絶句。
JUJUはロンドンで最先端のファッションを探る旅へ。今最も熱いファッションの街・イーストロンドンの界隈へ。注目のデザイナーの最新コレクションからビンテージまでを堪能。

世界は欲しいモノにあふれている~旅するバイヤー極上リスト~
三浦春馬とJUJUが旅に出る!70分拡大夏SP

放送:2018年9月17日

俳優三浦春馬。この夏。フランス縦断の旅に出た。標高3824メートルにある展望台。

眼にしたのはフランスアルプスの大絶景。名峰モンブランが目の前に。

「絶景に見とれてしまいましたが、僕たちの目的はモンブランではなくて極上のチーズということで。頑張っていきましょう」

美食の国フランスで極上のチーズを探す旅。フランスは村ごとに独自のチーズがあるともいわれる世界有数のチーズ大国。旅の案内をフランスのチーズを知り尽くしたスペシャリストにお願いした。

パリのチーズ専門店の代表兼バイヤー久田絵恵理さん。

フロマジュリー・ヒサダ・パリ

フランス各地を訪ね歩きそこにしかない絶品チーズを探し続けている。フランス人の知らない極上チーズを買い付ける目利きだ。

そんな久田さんが惚れ込んだという幻の小さなを求め南仏プロヴァンスの小さな村へ。作っているのは7軒の農家だけ。この土地でしかないチーズ。

「とっても珍しい山羊のチーズを作っている農家です」

チーズ生産者のリーダー。リュックさん。
さっそく珍しいヤギを見せてもらう。見事な角を持つローブと呼ばれるヤギ。プロヴァンスの固有種だ。
「エレガントで美しいヤギなんだ。角と角の間をかいてあげると喜ぶんだ」
一般的なヤギに比べ取れるミルクの量は1/3ほど。

一時は絶滅の危機に瀕したローブを地元の人たちが復活させた。

「ミルクの料が少ない分だけ味が濃くなる」

「チーズの原料になるミルクはすごく大切」

「ヤギの散歩に一緒に行ってみるかい。何を食べているかを見ればおいしいミルクの秘密がわかるよ」

130頭のヤギを連れて農場の裏の森へ。ローブを育てるには野草の豊富な森が必要だという。

大好物はトゲトゲしたブナ科の硬い葉。
「棘を舌で転がして刺さらないように上手に食べるんだ」

ローブはとてもグルメなヤギ。森の草の一番美味しい時期を知っている。
食通のヤギのためにリュックさんは365日一日も欠かさず6時間森を歩く。

貴重なミルクで作るチーズ。しぼりたてを温め酢を入れて固めるだけ。
シンプルなだけにミルクの味が際立つ。

ミルクの味がここでしか生まれない幻のチーズ。
「こんなおいしいチーズ食べたことがない」
繊細で温度変化に敏感。わざわざ足を運ばなければ食べられない。
とっておきの食べ方を教えてもらった。
「塩。スイカに塩をかけるように甘さがひきたちます」
プロバンス特産のアプリコットジャムは妻の母手作り。
「塩が甘さを引き立ててくれる。たぶん調味料が必要だった気がしますね。フレッシュチーズがこんなに楽しいとは思いませんでした。生きててよかった」

今回は夏のスペシャル MC の二人が素敵なものを探す旅へ。JUJUは ロンドンでファッションの最新トレンドを探る。さらに大好きなウイスキーのオリジナルブレンド作りにも挑戦。チーズ大好きな三浦は極上の逸品を求め世界有数のチーズ大国フランスを縦断。チーズ料理も堪能。

旅をしなければ出会えないってココロオドル最高なものを探す旅。

フランス縦断チーズの旅。続いてはアルプスへ。

訪ねたのは山間の小さな村。ここに世界中のグルメが絶品チーズ料理を求めわざわざ訪れる三ツ星レストランがある。シェフのスペシャリテがこちら。

出てきたのは瓶に入った不思議な料理。添えられているのはハナウドの茎。

「これで思いっきり吸ってください」
「香りがすごい」

白いムースに隠れていたのはじゃがいもとトリュフ。
「芋自体がすごく甘いからすごいマッチングしてる気がする」
この料理を作ったのは黒
いハットがトレードマークのシェフのマルク・ベラさん
手がけたレストランすべてが三ツ星に輝いたフランス=代表するトップシェフだ。
分子ガストロノミーという科学的な手法を用いて独創的な料理を生み出す。
「使っているのはルブルシュンというアルプスを代表する素晴らしいチーズです」
故郷アルプスのチーズを新しい形で料理に取り入れている。
キッチンを覗かせてもらった。野菜のブイヨンで真美を加えて、それを泡状にしてチーズのムースに仕上げる。実はこれ、郷土料理が元になっている。チーズとジャガイモで作るタルティフレット。
「料理は常に進化しなければいけない」

つづいては「オマールえび・ブルート・ド・テルミニョンのソース」 地元のブルーチーズをムースにし、オマールえびとあわせた一皿。 「うっとりする味わいです」 「私が世界一美味しいと思うチーズ。ブルート・ド・テルミニョンでつくりました」 今では生産者が二軒だけとなった貴重なチーズ。 「子供の頃、日曜日のごちそうでした。お客さんを招く時の特別のチーズで毎週心持ちにしたものです」 「特別なチーズなんだなっていうのはすごく納得できる味わいでした」

シェフの愛したアルプスのチーズ。 極上のチーズが生まれる秘密をさぐる。 向かったのは人里離れたアルプスの山奥。数百年に渡って受け継がれるチーズ作りの現場。 「アボンダンスというチーズを作っているんです」 山岳地帯の厳しい気候に適応した地域の固有種アボンダンス牛。そのミルクを使ったチーズは14世紀頃から作られてきた。 コンテストで入賞するほどの作り名人エミリさん。この山小屋で二人の子供と夫と暮らす。実はここで暮らすのは1年のうち数ヶ月だけ。「ここは夏の間だけ暮らす家。百等の牛を連れてチーズづくりの道具も全部持ってここに来るのよ」 夏の間牛を連れて山に登り、そこで暮らしながらチーズを作る。フランスの山岳地帯で続く伝統の暮らし。「いい草が生えているところに家を移動させていいミルクをしぼる」 最も良い牧草を求め、人も牛も移動する。人が自然の営みに合わせて作る最高のチーズ。 「おいしいチーズを作るためにライフスタイルも変えている。すごいことです」 工房では毎日チーズ作りが行われている。 「すぐ横で絞って殺菌せずにチーズにする。そうすることによってその土地の食べた草の味とかアロマが全部チーズに出てくるので楽しい」 温めたミルクに酵素を入れて固める。 「そろそろいいみたいこれから細かく切っていくわよ」 チーズハーブと呼ばれる道具で細かく切っていく。切り始めるタイミングを見極めるのも職人技。早すぎても遅くてもチーズの風味が落ちてしまう。チーズの元になるツブを味見させてもらった。

米粒ほどの大きさになったら次は形詰め。麻布を使って深さ90センチの鍋からチーズの粒を掬い上げる。底に残ったわずかなチーズをすくい上げた。「とても上手」朝と夕方100頭の牛のミルクをしぼり、できるチーズは10個ほど。それを日々塩水で磨き熟成させる。丁寧に手入れをしながら数ヶ月かけて仕上げていく。「塩水で磨くだけなのに白かったチーズが時間とともに素敵なオレンジ色に変わるの自然の力にいつも驚かされる本当に美しいと思う」エメリーさん自慢のアボンダンスをいただく。絹のようななめらかな舌触り。しっとりとした味わいのチーズ。「宝石をつまんでるような」「バターのようなクリーミィ」

とっておきのごちそうも。アボンダンスをたっぷりつかつた郷土料理のベルトゥー。オーブンでトロトロに焼いたチーズをジャガイモに絡めていただく。「しびれるおいしさです」

このおいしさを伝えたいということで、まずは4ヶ月熟成させたものをテイスティング。「コクが強い気が」さらに1ヶ月長く熟成させたものと食べ比べる。熟成の長さ。食べていた餌。チーズの味はひと玉ひと玉異なる。選んだのは4ヶ月熟成いさせたアボンダンス。




ABOUTこの記事をかいた人

ガジェット愛好家です。世の中にあふれるモノゴトはすべてヒトが作り出したもの。新しいモノの背景にある人の営みを探るのが大好きです。発見した情報はまとめて発信しています。