生活がワンランクアップ!プロが教える「ヒントライブ」




ガジェット愛好家のAちゃんです。

春は新しい生活が始まる季節。

この機会に生活環境を一新する計画を立てている人も多いのではないでしょうか。

渋谷の東急ハンズでは、季節を先取りする耳寄りなイベントを企画中です。

春の上々ライフ

15日から始まるのが

生活用品を使いこなすその道のプロたちによる最新情報コーナー、

春の上々ライフ」です。

もともとハンズ店内には掘り出し物のアイテムが数多く眠っています。

そのアイテムに光を当て、

より上手に技をマスターしてもらおうというのが企画の狙いです。

期間中は各店で実演販売「ヒントライブ」も開催されます。

ウェブサイトの目玉企画は

生活のプロに聞く暮らしのワンランクアップ術です。

期間中はイベントも開催されるので、

直接プロの話を聞くことができます。

靴のメンテナンスのプロ

日本一高い靴磨きの店として知られる「ブリフトアッシュ」((表参道の骨董通りに2008年初出店。ドリンクをお出しして、目の前で磨くブリフトアッシュは一足4000円の靴磨きにもかかわらず、店舗が徐々に拡大する人気店になりつつあります。))の長谷川祐也さん。

靴磨き世界チャンピオンに輝いた長谷川さんは、

磨き上げた技術をつぎ込んだ『靴磨きの本』としても知らる達人です。

渋谷店では長谷川さんによるシューケアイベントも開催予定。

技と哲学に触れることができます。

コスメではなくテクニック

「長井かおり」の画像検索結果

メイクアップアーチストの長井かおりさん。

「化粧崩れがしない」「お肌もプルプルにする」そして「全身から光輝くオーラがでる」。

長井かおりさんは人気沸騰中のヘアメイクアップアーティストです。

((化粧品メーカーの人気ビューティアドバイザーとして都内百貨店に勤務後、ヘアメイクアップアーティストに転身。雑誌、広告など幅広いジャンルで女優やモデルのヘアメイクを手がける。))

自身がスポーツをしてきた経験から、

スポーツをしてもきれいでいたい女性のためのスポーツビューティーを提唱しています。

「新しい環境でも好印象に見えるメイク術」は大阪梅田店限定で開催予定。

クリーニングにもなるブラシ術

某大手クリーニング店で洗濯技術を学んだ後、

独立してクリーニング店を開業した池田廣洋さんは「ご家庭での洗濯技術」を中心に指導する

ジョイベック洗濯塾」の塾長です。

——セーターといえば、毛玉が悩み…そんな方も多いとおもいます。うまく取る方法はないのでしょうか?

「機械を使うのもいいですが、生地を傷める可能性があります。私は、ここでもブラシをおすすめします。普通にかけるのではなく、毛玉にブラシの毛を引っ掛けて軽くひねるようにすれば簡単にとれますよ。毛玉を抜くような感覚でブラシを使ってみてください」

クリーニングにもなる上手なブラシの使い方を学びます。

さて、サイトには耳寄りなインタビューも掲載されていました。

テレビなどて゜最近よく目にするようになったのが、

速乾性の建築材料です。

よくお風呂場の床材などに使われているので聞いたことがあるかもしれません。

この床材は珪藻土の約5倍も湿気を吸うといわれる「多孔質セラミックス」です。

LIXILが開発したこの商品は、ECOCARAT(エコクラフト)と呼ばれています。

この性質に目をつけて様々な商品が開発されています。

「エコカラットドライキーパー」の画像検索結果

エコカラットドライキーパーもその一つ。

「エコカラットドライキーパー」の画像検索結果

塩・砂糖の容器内を調湿し、さらさらな状態を保つことができる調湿材です。

新しい保湿剤として商品を企画したのが、家庭用品メーカーのマーナです。

開発担当者が語る開発秘話は生活を豊かにするヒントを教えてくれます。

ついでに会社の沿革を調べると意外な歴史が明らかになりました。

浴用ブラシやトイレブラシなど生活周りのステーショナリーの専門メーカーです。

同社のサイトを見ると、創業は明治5年。

もともとは新潟の宮大工だった初代「名児耶寅松」が新潟県長岡にて

刷毛、刷子の製造を開始したのがはじまりだそうです。

その会社が新技術に目をつけ開発した商品が新型の保湿剤なのだそうです。

 

まとめ&lt

ヒット商品を持っていたもそれに安住せず、

古い知識や経験を武器に新しいものに挑戦していく。

変化を遂げていくことの大切さを感じました。




ABOUTこの記事をかいた人

ガジェット愛好家です。世の中にあふれるモノゴトは、すべてヒトが作り出したもの。メディアなどから発見した情報を掘り下げてテキストにまとめて発信します。