イッピン「竹と漆でしなやか!つややか!~福岡久留米籃胎(らんたい)漆器」




竹のしなやかさと漆のつや。

2つの魅力をあわせ持つのが福岡・久留米の籃胎(らんたい)漆器。

精緻に編んだ竹に漆を塗り重ねることで生まれる独特の表情に魅了される人が多い。

研ぎのワザによって生まれる表面の複雑な幾何学模様も人気の秘密。

明治に誕生し、代々受け継がれてきた驚きの制作過程とは?

またその技術を駆使して近年制作されるモダンな器とは?

全国でもまれな籃胎漆器の産地を笛木優子さんが訪れ、徹底リサーチ。

【リポーター】笛木優子,【語り】平野義和

イッピン「竹と漆でしなやか!つややか!~福岡久留米籃胎(らんたい)漆器」

放送:2018年11月27日

籃胎漆器

福岡県久留米市。全国でも稀な籃胎漆器の産地です。創業昭和21年の籃胎漆器の店。 社長の井上正道さん。お盆や皿、茶器など店に並ぶ600点の籃胎漆器。すべて竹を編んだ素地に漆を塗っています。色や形そして模様。一つ一つ手削ぎようによって作り出されています。中でも人気を誇る定番商品が、お盆。朱と黒の色合いと複雑な幾何学模様。どう作られるのか拝見しましょう。まずは材料から。「地元のマダケを使います」マダケは久留米でよく摂れ、竹の中でも繊維が強くしなやかなんだ僧です。冬のはじめに切り出し乾燥させます。硬い節以外の部分が材料になるんです。工房では竹を切ってヒゴを作る作業が始まっていました。担当するのは井上さんの弟正信さん。この道38年の達人です。竹を割ってまた割って幅5ミリまでしていきます。ここで何とも味わい深い機械が登場。竹を端から入れると歯車の間を通ると薄い竹ひごが次々とできていきます。どういう仕組みかと言うと、通り道に6枚の刃が付いていていわば自動的にかんながけが行われるんです。竹を機械に通すと厚さ0.3 mm の竹ひごが6本できるというわけ。「50年近く使っている機械です。修理する人がいないので様子を見ながら作業しています」できた竹ひごは編む工程に。編んだものを先にご覧ください網代編みによるもの。竹を縦横に編んで複雑な模様を作ります。「今から私が竹を編みます」始め13本の竹ひごを並べます。固定して横糸に当たるヒゴを通します。「真剣には見ていません。薄目で見ながら作業を進めます」

直径30センチほどの大きさになったら作業は終了。美しい幾何学模様に編み上がりました。

見逃したNHKの番組は動画配信サービス「NHKオンデマンド」で見ることができます。NHKの全チャンネルから最新の番組が視聴できる「見放題パック*1」は月額972円で配信期間中なら何回でも視聴できます。




ABOUTこの記事をかいた人

ガジェット愛好家です。世の中にあふれるモノゴトはすべてヒトが作り出したもの。新しいモノの背景にある人の営みを探るのが大好きです。発見した情報はまとめて発信しています。