WordPressにGoogleアナリティクスを設定する方法

WordPressサイトのアクセス状況を見るには

新しくサイトを作った。アドセンスも貼った。

サイトの訪問者はどれだけあるのか知りたいと思ったらgoogleアナリティクスを導入しましょう。

アナリティクスのアカウントを取得すると”トラッキングコード”が付与されます。

この”トラッキングコード”をwordpressに設定すると、サイトを訪れた人たちの行動を記録することが出来ます。

設定した瞬間に、訪問者の動きは確認できるのでサイトの見直しに便利です。

 

手順はこれだ

必要なのは”アナリティクスコード”と”アナリティクスID”の二つです。

アナリティクス画面左下の歯車マーク(管理)押し管理画面を呼び出します。

真ん中の欄の枠から設定したいサイトを選びます。[プロパティ]→[プロパティ]→[トラッキング情報]と進みます。

基本設定にトラッキング情報(UA-*****-*)が書いてあります。これがトラッキングID(アナリティクスID)です。

次に[トラッキング情報]の下にある[トラッキングコード]を表示します。

ウェブサイトのトラッキング、グローバルサイトタグの下の枠内にコードが表示されています。

これがトラッキングコード(アナリティクスコード)です。

 

サイトに貼り付ける

つぎに関連づけたいWordpressサイトを起動させ管理画面を開きます。

やるべき作業は二カ所です。

GoogleアナリティクスIDを入れる空白にUA以降の番号を貼り付けます。

次にトラッキングIDを設定します。

トラッキングIDはコピペでソースコードに直接貼り付けます。

WordPress管理画面[外観]→[テーマの編集]と進み、

</head>のあるコードを開きます。

私の場合はheader.phpでした。

初期設定では<?php wp_head();?>の後に</head>と繋がっていたので、

この部分にトラッキングIDを貼り付けて保存します。

間違えると大変なのでちょっとびびります。

Googleアナリティクスのトラッキングコードは、<head>と</head>の間にいれないといけない。

この中ならどこでも良いが、迷ったら、</head>の直前に入れるようにしましょう。

稼働確認

設定を終えたら、動作しているかどうか確認しましょう。

アナリティクス画面のリアルタイム解析を開き、訪問者の動きが確認できれば終了です。

アナリティクスのレポート画面は翌日以降に反映されるので、あらためて確認しましょう。