イッピン「伝説の古陶 よみがえる技~長崎 現川焼(うつつがわやき)~」




かつて幻の器といわれた、長崎の現川焼。

江戸時代のほんのわずかな期間だけ製作され、その後こつ然と姿を消したからだ。

「刷毛目」と呼ばれる文様が特徴だが、どのようにしてこの文様をつけたのか、まったく謎だった。

200年後、ついに技法が解明されたが、再興された現川焼を手がける職人は、現在わずかに2人。

それぞれの工房を訪ね、独特の刷毛目をつける過程を紹介。

その深い味わいに迫るリサーチャーは、三倉茉奈さん。

【リポーター】三倉茉奈,【語り】平野義和

イッピン「伝説の古陶 よみがえる技~長崎 現川焼(うつつがわやき)~」

放送:2019年1月15日

東京の下町にオープンした小料理屋さん。

この店にはあるこだわりが。

特別に注文した器です。刷毛目と呼ばれる独特の模様が特徴です。

まるで鳥の羽のような繊細さ。

こちらは花びらのよう。さらに渦を巻いたものも。

「焼き物とかで色があるものを使った時に料理を引き立てるっていう形でいいと思ってます」。

長崎県で作られる現川焼(うつつがわやき)。かつては幻の器とされていました。江戸時代のわずかな期間だけ製作され姿を消したからです。

どのようにして分け目をつけたのか資料は一切なく謎とされていました。それが200年の時を経て解明されたのです。今現川焼を手掛ける職人はわずかに二人。

そこにはどんな技が秘められているのか。今回のイッピンは幻の器現川焼に迫ります。

長崎県佐世保市木原町。有田焼で知られる佐賀県有田町の隣町です。

江戸時代の初めから焼き物が盛んで、木原皿山と呼ばれています。イッピンリサーチャーは料理と器が大好きな三倉茉奈さん。早速現川焼の窯元へ。

こちらは窯元に併設されているギャラリーショップ。

「一つ一つがすごく繊細で綺麗」。

一口に刷毛目といっても実に様々。どれも深い味わいがあり。遠くから足を運んで買いに来る人もいるといいます。

窯元の代表横石次郎さんです。

「現川焼が賞されたところは実は綺麗なだけではなくて器の中に奥行きを表した。空間表現をやった。白鷺が空間の中に立ってるんですね。それを表す刷毛目というのが非常にその難しい」。

刷毛目が美しいだけではありません。

現川焼

取材先など

幻の陶器,「現川焼き」に魅せられて – 幻の陶器 現川焼に魅せられて 陶芸復興塾 atelier-sobasuky

現川焼陶窯跡|観光スポット|【公式】長崎観光/旅行ポータルサイト ながさき旅ネット

見逃したNHKの番組は動画配信サービス「NHKオンデマンド」で見ることができます。NHKの全チャンネルから最新の番組が視聴できる「見放題パック*1」は月額972円で配信期間中なら何回でも視聴できます。




ABOUTこの記事をかいた人

ガジェット愛好家です。世の中にあふれるモノゴトはすべてヒトが作り出したもの。新しいモノの背景にある人の営みを探るのが大好きです。発見した情報はまとめて発信しています。