イッピン「魅惑の青と白 華やぐ器~長崎 三川内焼~」




今大人気の豆皿がある。

直径10センチほどの白磁に青色の絵付けが施されているが、伝統的な柄からモダンなデザインまで様々。

そのいずれもが美しく細やかなのが特徴だ。

これは長崎県の三川内(みかわち)焼から生まれたもの。

三川内焼は400年の伝統の中で、精緻な絵付け、華麗な装飾、極薄の器成形など様々な超絶技巧を磨き上げてきた。

知られざる産地から生まれるイッピンの数々と驚くべきワザを相楽樹が徹底リサーチする。

【リポーター】相楽樹,【語り】平野義和

イッピン「魅惑の青と白 華やぐ器~長崎 三川内焼~」

放送:2019年1月28日

三川内焼

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

三川内焼 嘉久正窯 菊花鉢
価格:7560円(税込、送料別) (2019/1/10時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

三川内焼 平戸藤祥五光窯 亀山龍 手付酒器
価格:16200円(税込、送料別) (2019/1/10時点)



**

見逃したNHKの番組は動画配信サービス「NHKオンデマンド」で見ることができます。NHKの全チャンネルから最新の番組が視聴できる「見放題パック*1」は月額972円で配信期間中なら何回でも視聴できます。




ABOUTこの記事をかいた人

ガジェット愛好家です。世の中にあふれるモノゴトはすべてヒトが作り出したもの。新しいモノの背景にある人の営みを探るのが大好きです。発見した情報はまとめて発信しています。