ジブン着せ替え
パーソナルスタイリスト・霜鳥まき子

「何だか服がしっくりこない」
「自分のファッション、どうにもイケてない」
そんな悩める女性たちから絶大な支持を集めるのが、

プロパーソナルスタイリストの霜鳥まき子さん。
依頼者の手持ちの服の中から「なりたい自分」に
変われるコーディネートを提案する。
番組では霜鳥さんを訪ねる女性たちを取材。
良き母・妻として無難なママ服を着てきた主婦や、
黒スーツで男社会と闘ってきた女社長。

霜鳥さんの選ぶ服で人生をどう着替えるのか?

ノーナレ「ジブン着せ替え」

放送:2017年11月11日

再放送:11月18日(土)午前2時5分~

http://amzn.to/2AmJNQi

出演

霜鳥まき子1)青山学院大学英米文学科卒業後、日本航空国際線CAとして10年間勤務。その後、「好きな洋服を使って、もっと深く寄り添って人の人生に携わる事が出来る仕事がしたい」と考え、(有)ファッションレスキューに7年間在籍後、独立。9年で1万人以上の日本随一のスタイリングの実績を持つプロパーソナルスタイリスト。さん 株式会社シモトリパーソナルスタイリングオフィス 代表

シモトリパーソナルスタイリングオフィス

霜鳥 まき子への相談や、サービス内容のご紹介 | アトラ50

 

番組内容

パーソナルスタイリスト 霜鳥まき子さん コーディネートの現場に密着
依頼者は無難なママ服を着てきた主婦や、
黒スーツで男社会と闘ってきた会社経営の女性など
彼女たちは霜鳥さんの選ぶ服で、人生をどう着替えるのか?

 

「モテたいです。モテたい」

「全部出しすぎると野獣みたいになる。可愛くないです。出しすぎずみたいな。」

「女性は服装で変わる。それは八割以上じゃないかなと思います」

「女を捨てたくないな。なんて。エヘヘッ」

「夫からは褒められませんので。外に行って。ちょっと小奇麗にして。素敵だなって言われたら、ちょっと自信につながるので」

「俊のカジュアルをちゃんと取り入れました」

「女性って、結構あがいているじゃないですか」

「いっぱい、いろんな物買って、失敗して。すごくあがいている」

「クローゼット拝見させていただいていいですか」

「個人向けのスタイリストって言うところで、お仕事でのお洋服を私の方でスタイリストするとか」

「本当にそれこそ、これから結婚したいなとか」

「デートしたいなとかのお洋服を選ばせてもらったりとか」

「なんか差し色がほしいかな。ピンク巻いてもいい?ダメ?」

「違うんですよ。ここに差し色をしてしまったら超台なしなんですよ。わかります?」「わかりません」

「いらないね(ポイ)」「よく頑張りました。お疲れ様でした(ポイポイ)」

「霜島マジックに賭けてますんで」

「フアッションで困ったら霜鳥さん。駆け込み寺です」

「服を通して人生をしっかり導いてあげるとか」

「そうそう。私ってこういうふうに生きてきたかったんだよねって、その人が輝くとか」

「女性にとって服はビタミン剤だと思っているんで。洋服ということに処方箋を渡しているような」

ジブン着せ替え パーソナルスタイリスト依頼人・新井ゆき子 | |モノよりヒト

ジブン着せ替え パーソナルスタイリスト 依頼人・松野久美子 | |モノよりヒト

取材協力 小林かおるさん

11/11(土) NHK ノーナレ「ジブン着せ替え」】応援してください!|あなたの顔はあなたの力で変えられる!

 

パーソナルスタイリストとは

一般の顧客に対して、ファッション、ヘアメイクなどをトータルでアドバイスするスペシャリストのこと。顔の形や体型、肌や髪の毛の色などを分析した上で、その人に合ったコーディネートを提案します。当講座では、パーソナルスタイリスト(R)の基本スキルとなる、ファッションの知識を習得しながら、自分を分析・客観視し、より魅力的にみせるためのスタイリング術を学びます。ファッションのお悩みをスッキリ解決させるコツも身につく、『自分のセンスアップのための講座』です。ユーキャンのパーソナルスタイリスト(R)講座|自分らしくオシャレに!

関連出版物

関連情報

ファッションレスキュー

パーソナルスタイリスト創始者 | ファッションレスキュー

References   [ + ]

1.青山学院大学英米文学科卒業後、日本航空国際線CAとして10年間勤務。その後、「好きな洋服を使って、もっと深く寄り添って人の人生に携わる事が出来る仕事がしたい」と考え、(有)ファッションレスキューに7年間在籍後、独立。9年で1万人以上の日本随一のスタイリングの実績を持つプロパーソナルスタイリスト。