ジブン着せ替え パーソナルスタイリスト
依頼人・新井ゆき子

「丁寧に送っていただいて」

「とりあえずなんとかしていただきたいと思って、すがる思いで送りました」  

「箪笥の中をお見せするのと同じで隠し事ができない」

「話を聞いている分には楽しい、明るい方かなと思いながら。

だから私としてはもう少し華やかでもいいかな」

「華やかの仕様がわからなくて、どうしても無難な方で毎日いてしまう」

新井ゆき子さん(57)

夫と成人した子ども二人がいます。

専業主婦として今銀行のパートナー社員で事務をしています。

好きな服の色は黒。

集合写真だとだいたい端っこで写っているタイプだと思います。

すごく守りに入ってしまい、着回しが効くものとか、

無難なと言うか、すごくいいわけではなく、

すごく悪いわけではなく、自分も周りも不快ではないという塩梅とというか、

選び方、位置を考えていると思います。

 

「ぶっちゃけ、持っている物って満足しています?今」

「無難に生活できているなというのはあります」

「無難というのはいいワードですか?」

「よくも悪くもなく。満足なのかなというとわからないです。お返事が」

「これだけを見て新井さんがわかる。そういうのが欲しいかな」

「とりあえず無難にできているクローゼットになっちゃってる」

「このパンツにこれをあわせちゃってる。

そうなってくると、”新井様華やか説”みたいなものを私は・・

猛烈に華やかなものを着てほしいです」

カラー診断

「緑はもったいないかも」

赤は・・

  

ショッピング

「透け感のあるアイテムとか重ねものって寂しく見えない」

「さみしいイコール無難。地味。自分にはそっちの方がいい」

「ビックリ。自分にはこの赤は絶対ないですね」

「すごい」

   

「同じ黒でも色や感じとか。無難には見えにくくなってきて」

「恥ずかしいのですが」

「こういう感じでちょっと羽織っていただくと。エレガントなものとあわせてもきちんと」

「エレガントとという、ちょっと自分のワードになかったので」

「モデル立ちで、前の膝を入れて・・いいじゃないですか」

 

   

  

「きれいに映りましたでしょうか」

「だんだんオシャレさんのお顔になってきた」

「がんばります。このまま」

「顔がぜんぜん変わっちゃった」

「違う」

「魔法にかけられたというか。

鏡の中の自分がが違う人のような気がします。

意識が違っている気がします」

「きらっと輝く自分がいるというのをすごく教えていただいたので、

迷っていたことがスッキリした気がします」

無難を脱いだ女

「かわいい。ドレッシー」

「写真を撮ってもらいたい」

「素敵。女優さん」

「はいキレイに撮れました」