日曜美術館「ジュアン・ミロ 日本を夢見て」

自由奔放な筆致や鮮やかで明るい色彩で知られる。スペイン巨匠、ジュアン・ミロ(1893-1983)。近年の研究で、実はミロが第二の故郷のように愛し、多大な影響を受けていた国が、この日本だったことがわかってきた。「一枚の草の葉には、一本の木や山と同じだけの魅力があることを、日本人のほかはこれほど神聖なことを見過ごしている」と若き日に語ったのミロ。ミロと日本の知られざる濃密な関係を見つめる。

放送:2022年6月19日

日曜美術館「ジュアン・ミロ 日本を夢見て」

スポンサー




ABOUTこの記事をかいた人

ガジェット愛好家です。世の中にあふれるモノゴトはすべてヒトが作り出したもの。新しいモノの背景にある人の営みを探るのが大好きです。発見した情報はまとめて発信しています。