美の壺「いざ鎌倉 武士たちの美意識」

世界遺産・厳島神社の貴重な大鎧(おおよろい)。そこには雅でかわいらしい桜模様▽甲冑(かっちゅう)師が語る、貴族文化に憧れた武士の鎧(よろい)ファッションとは?▽義経・弁慶・巴御前が奉納したとされる薙刀(なぎなた)▽鎌倉時代から伝わる秘伝の薙刀(なぎなた)術▽北条政子奉納と伝わる豪華な手箱を特別公開!人間国宝が手箱の技術を読み解く!▽草刈正雄邸には、刀剣の化身・三日月宗近!<File562>

放送:2022年7月22日

美の壺「いざ鎌倉 武士たちの美意識」

平安から鎌倉へ移り変わる時代
貴族文化とは異なる武士の文化は
運慶快慶をはじめとする質実
剛健な文化として知られてます
星が身に着けた大鎧猛々しい力強さ
でもよく見ると全体に桜模様があしらわれ
雅な一面も
この時代の花形となった武器薙刀
そこには弁慶ならではの特徴が
鎌倉から受け継がれる秘伝の薙刀術も
ご紹介として
北条政子が残した
豪華絢爛な化粧箱金粉で作られた見事なグラデーション
近年の分析から
驚くべき手法で
作られていたことがわかりました
今日は質実剛健でありながら
華やかで雅な面も
持ち合わせた星の贔屓に迫ります

世界遺産厳島神社武士で初めて太政大臣になった
平清盛が厚く信仰した神社です
星にまつわる貴重な部分が多数収められて
国宝込みと脅しの鎧平清盛の長男
重盛が奉納したと言われ
ほぼ全ての部品が残っている
という貴重な鎧です
当時の鎧は馬に乗り
弓矢を用いた
戦いに適した形
大きく頑丈に作られています
大袖は盾となって身を守る役目を果たしつつ
腕を自由に動かせる作りカブトは
家を弾きやすいために反り返っています
機能的なだけではありません
住所に繊細な芸術性が見て取れます
胴の部分は獣の模様が試されています
胸を守る板には菊の花
背中の紐は袖部分がめくれるのを防ぐため
結び方にも工夫を凝らしふさを付け
後ろ姿のお洒落も忘れ
ませ


中でも星が重視したとされるのが
脅しです
脅しと鎧のパーツを結ぶ紐のこと
この鎧で使っている脅しは
紺色の組紐です
紫色は明治に補修されたものですが
紺色は当時のまま
愛で濃く染められた紺色は褐色と呼ばれ
無事に好まれました
脅しのデザインや色素材によって
全体の印象が大きく変わる鎧
それは星にとって
力の見せ所でもありました
源頼朝の叔父為朝のものと伝えられる大鎧で
こちらの脅しは鹿の皮
よく見ると桜の模様が施されています
奈良時代は花といえば梅が人気でしたが
部屋に入ると貴族の間で桜が流行
桜は武士の文化にも取り入れられた
と考えられています
金具にもさくらが
星の並々なら
ぬ思いを感じられないことによって形ができ
京都の文化が入っておる
雅やかな料理だと思います
生きるか死ぬかの戦場で纏う鎧に
星は強さだけではなく美しさを求めました
今日最初のツボは命をかけて見に纏う
甲冑市西岡文男さん
国宝をはじめとする鎧の修復模造に携わり
鎧を研究してきました
ゴルフに子供ご札板に紐を通して
上下を繋げるというのが脅しというサイト
これが家中の基本的な構造になるわけです
tetsuya革に漆を塗って作った
板底に落とすことから
脅しと呼ばれました
今年の主な材料は
氷見下八川布をひも状にしたもの
色や柄にもこだわり華やかに仕上げます
証拠外食一覧平安から
鎌倉室町時代の絵巻に書かれた
今年の様々なデザインを紹介しています
足に向けて色を変える脅しは
十二単など平安貴族の
実の色の文化を表現しています
疲れて得するような身分だったので
上昇志向というか
規則に憧れるといった文化に憧れるって
いう意識があったんだろうと思います
他にも遊び心溢れる個性的なデザインも
当時の人たちの認識と言うか
戦に臨むにあたっての鎧を聞かざる
と言うかそういう意識
なにわ橋に所属なんでしょうけれども
できるだけ戦場で目立つような
そういう形を
したいって
いう意識があったのかもしれない
鎧には武士たちの覚悟と
思いが込められていました
久々に大仏さん
みたいなお寺のマリ
大使アホみたいな合成人がいるからね
逸れないようにすればなたくさん歩くぞー
じゃあの目立つ服とか
帽子とか必要ですよね
新しいの買っちゃうかなそうだな
血気盛んだからな装備が必要だが
受け取れない
目立つ彼女鎌倉行くんですよねそうだよ
ちょっと派手すぎませんか
そうかはい

源平合戦の舞台ともなった瀬戸内海
ここに奉納された部分の保有数
日本一を誇る神社があります
神ノ島とも呼ばれる大三島大山祗神社は
海上交通の発車
村上水軍河野水軍が崇めた神社で
古から数々の宝物が
奉納されてきました
氏崇める神様ということで
戦の神様として残しにコマございます
店長のご祈願
御礼ということで奉納されたと思いますが
それはやはりその自分の身近なもの
自分が使っていたものを
そういったものを
ご奉納されたと思います
でもひゃくろくじゅーきゅーてんきゅーでも
天下に名を轟かせた
英雄たちが奉納した部分が薙刀で
薙刀は長い柄の先に
それがついた葉を持つ刀の一種
平安時代に生まれたといわれています
勇壮な姿は戦場の花形になりました
義経巴御前弁慶が奉納したと伝えられる
薙刀でなぎなたは相手との間合いが取れつく散る
薙ぎ払うと攻守万能
巴御前な女性の武器としても
重宝されました
源義経が奉納したと伝えられる
薙刀薙刀の魅力は
切っ先の曲線先が太い薙刀は
多くを薙ぎ払いやすい形と言われています
破門は寄せては返す波のよう
鋭さの中に落ち着いた風格を醸し出す薙刀

薙刀使いとして
歴史に名を馳せた武蔵坊弁慶
その薙刀はひときわ大きく
歯の長さは
いちM重さはにKGを超えています
その処理も大きく
比べてみると一目瞭然です
屈強な豪傑だけが使いこなせるその迫力
数々の戦や配線で接収されそうになっても
守りながら今に伝えられました
今日二つ目のツボはその輝きに心を

極限流
大薙刀術鎌倉時代より秘伝として守り
受け継がれてきました
私たちがやってる薙刀術はですね
あの剛力無双の男子の武器として
主に平安時代末期から戦国時代にかけて爽平等
もしくは星たちが
主に戦場で用いられたと言われて
薙刀になります
稽古で使うのはきゅー尺
およそにてんななMの木刀の薙刀
遠いところから
相手に技を仕掛けられるというのは
立体になります
薙刀非常に自由自在で切り払い
それからまたあの着いたらいいですね
それからの上から真っ二つに下ろしたんだけど
そういう動作の使い方ができます
太平記には
薙刀を振る武士の姿が記されています
薙刀水車に回して踊りかかる水車
その技は今にも伝わっています
こちらが水車

持ち手を
切り替えるなめらかな所作

水車のようにたゆま作り出され

ます
力を抜いて柔らかくする
それが一番切っ先に
力が加わることでございますので
よんで羽衣を身にまとうような気持ち
というイメージを持っこちらは
ウンランという方なぎなたの切っ先を
三日月に見立て
乱れた雲をかき分けてみかづきが垣間見える
神羅万象をそこにイメージする
森羅万象というのが一番
自然の理に適っていると
それを目標として
底の方にどの色付けをしていくという
物語風の話題になります
鎌倉時代からはっぴゃく年
武士の精神は今に受け継がれています
時代祭としてはこれなかなか本格的ですね
なかなかに見えるぞ
では準備も出来たということで
そろそろ行くかなあそうだ
松本の掛け声を頼みたい掛け声
気合いの入ったのを
一つな魚自体が違うのではないで
ご一緒に鎌倉

静岡
の三島大社源
頼朝が源氏再興を祈願して以来
厚く信仰妻北条
政子が奉納したとされる
宝物が残っています
国宝梅蒔絵手箱漆と金粉を用いて作られた
豪華絢爛なてばこで水辺から飛翔していく
カリの躍動感あふれる姿
そこに金と銀の梅の花が咲き誇ります
一筆一筆繊細に描かれた
水の練り会の中には
漢字が隠れています
唐の詩人白居易の干支で
弟と共に昇進を遂げた喜びが
歌われています
図柄の衣装から手箱の世界観を読み解く
遊び心持ち主の
教養の高さを伝えています
て箱に収められていたのは
さんじゅーよん点の化粧道具鏡
秋雪化粧筆に至るまで
梅が嫌われています
ご箱はおしろいやお歯黒様
当時最高の材料
ミシンの技術を用いて作られました
蒔絵工芸品には
様々な技法があるんですけども
その基本的な技法が
全部詰まった最初のレバーこと
言っていいと思います
技術も非常に素晴らしくては
最高峰と言って良い方だと思います
蒔絵は漆で模様を書いた上に
金粉などを巻いて
柄を英語家の装飾技法で模様の部分を盛り上げ
立体的に作る高蒔絵の技法は
鎌倉時代に生まれました
丘の上は銀を少し混ぜた
青みがかった金波打ち際にかけても
異なる形の金粉を蒔き分けています
て箱に使われた金粉はにじゅー種類
金粉のわずかな違いを組み合わせて
複雑で多様な表現を生み出していました
今日最後のツボはきらめく朝の玉手箱
今からにじゅーなな年前
三島大社の国宝梅蒔絵手箱の映像
を制作するプロジェクトが発足しました
妄想とは剤
貴方は調査分析した上で
精密に再現すること
およそさん年もの歳月を掛け
鎌倉時代の技法が解明されていきました
プロジェクトの責任者だった
蒔絵の人間国宝室瀬和美
鎌倉時代の物って
おおらかっていうイメージがすごくあったんです
けどいざ細かいところ
調べてみると本当に計算され尽くしたぐらい
繊細でものすごくやっぱり神経が行き届いてる
これがちょっと自分の印象以上に
驚きでしたねちゃんが
一番驚いたことは金粉の形
私たちが今使ってる勤務って
本当に球体なんですよ
この時代はかなり粒子が粗い
さらっとしたものを使ってますね
携帯じゃない金粉っていうのは
やっぱりそれまで
あまり見たことなかったですからね
この女は携帯箱に出会って手掛けて
初めてきゅー体じゃない金粉て
こんなに表情が違うんだっての
ありましたよね
乱反射して複雑に怒ってくることによって
一粒一粒にみんな表情があるって
極端に言えばね
そういう無機質でなくて
結構有機質な表情が
その同じ金の色でありながら
見えてくる仕事で作る味わいのある
ただ荒く削るだけでは作れない絶妙な形
再現するのに半年以上かかりまし

梅蒔絵手箱の模造が完成しました
はっぴゃく年前の技術に迫った緻密な再現

鎌倉の技と輝きが今に蘇りました
これを創った時代の人は
そういう気持ちで作ったじゃない
こういう気持ちで描いたんじゃない
こういう気持ちの表現したじゃない
かっていう作品として
その時代の技術者と会話できたような
気持ちになって
すごくそれはない充実感がありました
戦と常に隣り合わせの日々
極上の美を求めた人々の思いが
今に受け継がれています

スポンサー




ABOUTこの記事をかいた人

ガジェット愛好家です。世の中にあふれるモノゴトはすべてヒトが作り出したもの。新しいモノの背景にある人の営みを探るのが大好きです。発見した情報はまとめて発信しています。