美の壺「魅惑のきらめき 切子(きりこ)」




<File440>ガラス表面にカットを入れる工芸、「切子(きりこ)」。

その文様には、子孫繁栄、円満、魔よけなど、それぞれ意味が込められている。

まるで宝石のような輝きを生み出すカットの技は100分の1mmの精度が求められる超絶技巧!

前代未聞といわれた「黒い切子(きりこ)」に成功した薩摩切子職人の開発秘話も!

驚きは、和の料理人とコラボした独創的な切子(きりこ)。

切子(きりこ)の新たな魅力が発見できる!

【出演】草刈正雄,【語り】木村多江

美の壺「魅惑のきらめき 切子(きりこ)」

放送:2019年3月15日

東京を代表する名所の一つ墨田区の東京スカイツリー。地上350 M の展望デッキに向かうエレベーターには隅田川の打ち上げ花火をイメージしたガラスのイルミネーションがあしらわれています。色とりどりのガラスは江戸切子。ガラスの表面にカットを入れる日本伝統のガラス工芸です。切り子は夏のものという先入観が心地よく裏切られるこちらのカフェ。こだわりのコーヒーを入れるのは切子のコーヒーカップ。熱いものを入れるために特別に加工したガラスで作られました。「切子は冷たいものを入れるイメージが強いですが、暖かいものを入れることで若い人たちにも幅広くお使いいただく機会があるかなと思います」。黒いコーヒーに映える切子の透明感。また新たな魅力です。光とガラスの生み出す美しさを楽しむ切り子。今日は新鮮な発見に満ちた、きらめく切子の世界へご案内します。

切り子は180年ほど前に江戸の下町で作られ始めました。縦横斜めの直線や曲線を交えて作る切子の文様。一つ一つ意味があるそうです。「江戸切子は代表的な文様が20近くあります。それを組み合わせて創作しています。七宝文様は円が上に無限につながっていく文様です。円がつながることから円満、繁栄の意味合いを持っています」。こちらはナナコ紋。魚の卵が並んでいるように見えることから子孫繁栄を意味します。カゴメ門です。幸せをつかむ籠。魔よけの意味もあるといわれます。古人の願いを知るほど、模様にも親しみを感じますね。

日本のガラス工芸を研究している井上暁子さん。貴重な切り子を見せてもらいました。「江戸時代のガラスです」。江戸時代のガラスは屈折率が高いため、切子のカットは虹色のきらめきを放ちます。「よく見ると角がきっちりあっていて、切子がキラキラ輝いています。当時は手で研磨剤をつけて一つ一つ切り込みを入れていったのですね。職人の手作業で丁寧に時間をかけて作っていたことがわかります」。漆や焼き物などとは違う光のきらめきに江戸っ子たちは夢中になりました。当時日本橋にあったガラス問屋のチラシです。コップや皿、重箱などさまざまなものが切子で作られていました。

都内に住む川内由美子さん。江戸時代のちょっと変わった切子をお持ちです。




ABOUTこの記事をかいた人

ガジェット愛好家です。世の中にあふれるモノゴトはすべてヒトが作り出したもの。新しいモノの背景にある人の営みを探るのが大好きです。発見した情報はまとめて発信しています。