モノよりヒト

世界は不思議に満ちている

「 美の壺 」 一覧

美の壺「あの人に贈る 花束」

2019/09/13   -美の壺
 , ,

感謝や祝福などの思いをこめて贈る「花束」▽フラワーデザイナーのローラン・ボーニッシュさんはフランスの田舎の庭をイメージ▽ジュエリーデザイナー出身のフラワースタイリストが花で表現する夕暮れの景色とは?▽ …

美の壺「日々を潤す ビール」

2019/08/09   -美の壺
 ,

注ぎの名人が作り出す、極上の泡。注ぎ方を変えるだけで、同じビールが全く違った印象に! まるで宝石箱!味わいを追求した先に生まれた、色とりどりの「エールビール」 世界が驚いた、「黄金色のビール」誕生秘話 …

美の壺「おでん」

日本人の“ソウルフード”おでんの歴史は、豆腐田楽から始まった! 大正時代から継ぎ足しで受け継がれてきた、老舗店のつゆ。 浅田次郎が愛してやまない、関東の定番おでんだね「ちくわぶ」の魅力とは? 開高健が …

美の壺「海からの贈りもの 真珠」

  <File446>つややかな光沢と虹色の輝きが魅力の真珠。 ▽近年、カジュアル使いに注目が集まっている。 真珠ファンのスタイリスト・原由美子さんが、普段使いの極意を伝授! 蒔絵(まきえ) …

美の壺「華やかに物語る バレエ」

<File450>オーケストラの演奏に合わせ、踊りやマイムと呼ばれるしぐさで、物語を表現するバレエ。 トップダンサーが語る、それぞれのテクニックの見どころを紹介! 女性を支える男性ダンサーの思いとは? …

美の壺「華やぎのボタン」

今回は「ボタン」。真珠の養殖に使う「白ちょう貝」が、夏服にピッタリの極上ボタンに変身。 七色の輝きの裏に、驚きの職人技が!ルビーやトルコ石、宝石をちりばめた豪華ボタンや、色ガラス500ピースを精緻には …

美の壺「書くよろこび 万年筆」

<File456>らでん、まき絵、大理石…豪華装飾の万年筆が勢ぞろい。 万年筆に名前をつけ愛用する作家・北方謙三、驚きのコダワリとは!? 漢字やひらがななどを書くため、日本で独自に進化を遂げたペン先。 …

美の壺「磨きぬかれた都風情 京野菜」

2018/09/14   -美の壺
 

<File:424>今や全国各地で食される人気の食材「京野菜」。そのルーツは京都以外の土地から持ち込まれたものが多く、各地の野菜の種と栽培技術が集まる京都だからこそ、根付き進化してきたと言われる。なぜ …

美の壺「粋を極める 男の靴」

<File455>男性のオシャレは足元から! アメリカ・イギリス・イタリアの美意識の違いとは? 世界中から顧客が訪れる、フルオーダーメードの工房の技と靴作りの神髄とは? イタリアのだて男、パンツェッタ …

batanq

batanq

風流な暮らしを夢見るガジェット愛好家です。世の中にあふれるモノやコトは、すべてヒトが作り出したもの。ふだんの生活で発見したことや、感動したこと学んだことを掘り下げ、テキストにまとめて発信するのが大好きです。

プロフィールを表示 →

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31