ネコメンタリー 猫も、杓子(しゃくし)も。「村山由佳ともみじ」

ネコメンタリー 猫も、杓子(しゃくし)も。特別編「村山由佳ともみじ 軽井沢の日々よ 永遠なれ」(仮)が放送されます。

ネコメンタリー 猫も、杓子(しゃくし)も。特別編「村山由佳ともみじ 軽井沢の日々よ 永遠なれ」(仮)

放送:2018年9月1日(土)

http://hbweb.jp/nekoiki/

高原の軽井沢で、直木賞作家の村山由佳さんと暮らすのは17歳の「もみじ」(雑種♀)。

物心つく頃には家に猫がいて、これまでたくさんの猫と生活を共にしてきた村山さんだが、中でも、もみじは特別な存在。

二度の離婚を経験し波乱万丈ともいえる私生活と共に作風も大きく変化した村山さん。

もみじはその苦楽の全てをそばで見てきたいわば戦友だ。

高齢のもみじの最期を意識する日々、かけがえの無い時間の積み重ねをドキュメント。

ネコメンタリー
猫も、杓子(しゃくし)も。
「村山由佳ともみじ」

放送:2017年10月9日 再放送:2017年10月15日

>RT
サイトアクセス、1位だそうです。なんて嬉しい。
NHKの番組ホームページに現時点で寄せられている感想を読ませて頂くうちに、胸の奥が熱くなって泣けてきました。
皆さん、ありがとう。もみじを愛して下さってほんとにありがとう。https://t.co/Ec3ILeFn6u

— 村山由佳 (@yukamurayama710) 2017年10月12日

16 いつか彼女を失ったら正気でいられるだろうか – 村山由佳「猫がいなけりゃ息もできない」