イッピン「北の大地で生まれたバッグ~北海道 革製品 ~」

イッピン「北の大地で生まれたバッグ~北海道 革製品 ~」

かつて馬具作りが盛んだった北海道。いま、その伝統を生かした、ユニークな革のバッグが作られている。馬に乗せる鞍の形をしたショルダーバッグ。エゾジカの柔らかい革を使ったハンドバッグ。そして機能的で丈夫なボストンバッグ。それぞれ、革の性質を熟知した職人たちが、丹念に作り上げた 革製品 だ。そこにはかつての馬具作りの技術も生かされ、デザイン性にも優れている。女優の田中道子さんが、手作りの現場を訪ねる。

【リポーター】田中道子,【語り】平野義和

放送:2019年6月11日

イッピン「北の大地で生まれたバッグ~北海道 革製品~」

令和の時代が幕を開けました
即位した天皇が伊勢神宮に拝礼する
信越の今回も秋に予定されていますが
その時使われるのが理想馬車でこの場所に使われるバグ
北海道にある馬具メーカーが作りました
どのメーカーがバッグを手掛けます
可愛い何この形見たことないよ
馬につける蔵をイメージしたショルダーバッグです

全ての箇所が曲線での構成となっておりますので
見た目もすごく柔らかい雰囲気になっていると思います
北海道に生息するエゾシカ
その皮を使ったハンドバッグがこちら丸くて柔らか
大胆なデザインで女性に人気で
こちらは牛革製のボストン横に開け閉めできます
高級感があるうえ丈夫でいつまでも使えると評判です
今日は北海道の大地から生まれた
個性豊かな革製のバッグに迫ります
ころから北へ車でいちじかん
発広大な自然に囲まれた砂川市上の逸品リサーチャーは
女優の田中道子さん
まず革のショルダーバッグを製造する工場へ
こんにちは今日は出迎えてくれたのは岸本信彦さん
こちらは何の作業されてらっしゃるんですか
それを作ってますかねーぐらいや鐙など
バグを作ってごじゅーご年になるといいます
かつて北海道では農業屋運搬に多くの馬が使われ
バグ作りも盛んでした
しかし次第に需要が減り今ではこの工場だけになってしまいました
武豊さんをはじめ
多くの有名機種がここで作られるバグを愛用しています
バグ作りの技術を生かしてヒット商品を生み出せないか
そんな想いから開発されたのがこのショルダーバッグだったんです
張り子の鞍のフォルムですね
これが美しいことで
鞄にもニューヨーク州ということで立体的なカバンが生まれました
こちらは今何の作業革の裁断するところなんですけれど
使うのは牛革です
そもそも半分
甘く
裁断すれば
ごのいち二つできるといいます

明日川のチェックをします
傷は後は虫に刺された跡とか
よく見ると虫やダニに噛まれた跡など様々な傷があります
裁断前に入念にチェックしていきます
職人の長嶺さんはこの道25年慎重に傷をつけながら型を置き
裁断します
どの場所からどのパーツを取るかその見極めが大事なんです
あと皮もむきやすい方法の醜い格好ってのは西にある
見極めながら肩入れしないととんでもない鞄になってしまいます
ちなみにその伸びやすい方向っていうのは縦に伸びやすくて
このフィギュアは背中にかけてからは横に伸びやすくなって
20個ほどのパーツが切り抜かれました
これらを縫い合わせていきます
担当するのは職人歴にじゅーに年平井雄二さん
最も難しいのがバッグの上のくぼんだところ
長年バグを作って培った技術が存分に発揮されます
左右それぞれ反対側にカーブした二つのパーツ
これを縫い合わせていくというのですが
腕ミシンと呼ばれるバグ作り用のミシンを使って
曲線を合わせながら
ひとめひとめぼれを曲がらない
ように慎重

あいかわのはちとえーとの間が一定になるように
慎重に縫い進めます
じゃないんですけど
どうですかはい
ちょっとこういう形になってすごいこれ
なんでこんな顔してるんですか
後でカバーを閉じた時にこの曲線が出るの
裏側はご覧の通り
ご理解してみると見事に美しいカーブを描く形になっていました
これをバッグの本体に取り付けます
接着剤で固定しその後ミシンで縫い合わせ小さな花を手にしました
初めて見ました
パリ大瀬戸部分がずれてるので
小さいかんなを使って削って出来るだけ平らに整える
そもそも削るんですね
そうですね結構大胆に消すように見えるんですけど
なるべくこのミシンの糸と革の距離が同じぐらいになるよ
これで会いたいと思ったんですけど
あのさっきはに枚に分かれてるなって分かりやすかったんですけど
平らになったぶんちょっとこれでいち枚のようなそうですね
1枚にする感覚で
削った部分にボディの
色に合わせた染料を塗り
全量を熱で溶かして川に染み込ませます
さらに紙ヤスリで
磨いて出来上がりです

手間暇を惜しまない職人の手作り直線だけで構成された
美しいフォルムです
クラの技術を作る技術それを生かしたかばん作り
明日からも皆様に末永く
ずっと使っていただきたいというようなカバンを作りを目指して

北海道のエゾシカ昨日川
いやらしい被害が拡大しています
その上苦情したものは利用法がなかなか見つかりません
ココア札幌市にある革製品のショールーム
これかわいいすごいユニックの形しかだから可能な格好
革の質感がちょっと違う気がしますね

柔らかいですね
このハンドバッグエゾシカの皮で作られているんです
デザインがユニークですよね
でも使い勝手も良いんで
そこには様々な工夫が上からは中身が見えません
それでいて皮が柔らかい為
広げやすく収納はたっぷり駆除して捨てるしかなかった
エゾシカの彼はそれを利用して
こんなおしゃれなバッグができたんです
ごーごーは札幌市内にあります
デザイナーのバグ作りも手掛けています
これがあのエゾシカの皮になってます
北海道の野生の鹿なので
本当にメモを駆け巡った傷とか海とかいろんな跡がありますが
昨日中をくぐっていくので枝で傷ついたりとか
あとこういった穴ありません
さっきも肺がん
これが銃弾の穴でこれ
ちょっと打つならではの傷が至る所にあるため
一つのバッグを作るのに仕事を文の皮が必要だと言います
と皆さん思ってなくてもほとんど捨てられているものだったので
それをあのエゾシカの顔が真っ赤になるんだよってことを
犬さんに伝えたいなっていう思いで父親が授業を行っていたため
小さい頃から吉川身近な存在でした
そこでクリオ思い立ち手がけるようになったのです
エゾ鹿の革にはバッグに適した軽さとやわらかさがあるといいます
あるさとやわらかさの秘密を専門機関で検証してみました
用意したのは牛革とエゾシカの皮です
電子顕微鏡を使い二つの川の専用比較してみました
左が牛革右側エゾシカの皮です
黒く見える部分は繊維の間にある空間です
エゾシカの方がすきまが多いことがわかります
全員に隙間が多いため
エゾシカの皮は軽量で柔軟性に優れているので肌触りも抜群
その作り方です
エゾ鹿の革にもう一枚革を重ねました
国産の豚顔をしよう
メモして近場は一枚だと高くて倒れてしまうので
少しこうピンとハリをもたせるために
厚めの皮に入ってちょっと綱張りのある
確かにこれなら土台になっても全然自立するぐらいの優れたあと
丸きりと呼ばれる道具で線を引きます
線に沿って一気に裁断していきます
それで

見てるこっちが息止まってました
一筆書きというかもう一発出ちゃうんですね
帰ったらじゅーごのパーツが出来上がりました
次はNGという作業になります
手縫いをしていくので
体のために目を先に打っていくっていう作業ですね
針を通す穴あらかじめ開けておくんです
本当に一目ずつですね一個ずらしてそうですね
この一つでも重ねて
一つ一つ革の縁に沿って穴を開け
て根気のいる作業です

穴を開け終わったら馬と呼ばれる道具に川を挟んで固定します
はさみ終わったら糸を通します
なんと糸の両側に針を付けるんです
その二つの針を交互に穴に通していきます
これで
すごい
田中さん興味津々です

西梅田とうわ糸と下糸が絡まってるだけなので
一気に候補釣れるって事があるんですけど
てん年は開会クロスしてるのでほつれるっていうことがない
丈夫な作りミシン縫いでうわ糸は常に上下糸は常に下です
一箇所糸が切れると全体が抜けてしまいます
ドクロが手縫いではうわ糸と下糸が交互に入れ替わります
もし切れても簡単に糸は抜けません
田中さんもチャレンジしてみることに
サボテン

やっちゃった
ねとねと結果
はご覧
の通り
綺麗に縫うのは簡単じゃありません
作業を始めてしちじかんハンドバッグが出来上がりました
360度どこから見ても美しいですよね
野生のエゾシカが優美なデザインと使いやすさを兼ね備えた
ハンドバッグに生まれ変わりました
まだまだのほとんど捨てられている
もったいない素材なので小物とかまあの始まり
全部たくさんの皮を使ってあげるような
取り組みをしていきたいと思っています

旅行する時よく使うの
が大きなボストンバッグですよね
中に入れた物の出し入れが
ちょっとめんどくさいなーって時ありませんでも
こちらをご覧ください
意外と軽いびっくりした
しかもこれなんかポスターのエッチこの後のボストンバッグ
横から開くことができるんです
普通は上からしかものが出せませんよね
でもこれなら簡単に下にあるものも取り出せます
作られているのは北海道の赤平市です
今日は鞄職人の堀内健一さん在庫がありますので
ちょっとをご覧になって下さい
並べられていたのは
様々に加工されたせんななひゃく枚もの牛革です
その中でボストンバッグに使われるのはこちらのさん
種類使うパーツによって硬さや厚み
表面の仕上げが違う革を使い分けます
ここではパーツは機械でカットします
その際に使うのが金型なんと数千種類もあります
ボストンバッグ用の型抜き作業を見せていただきました
パーツは全部でよんじゅーよん枚ポケットが沢山あり
補強に使うパーツも多いのでこれだけの数成増
厚生は堀内さんの担当装飾部分には
爪の皮口角部分には厚めの皮を使います
中でも手間をかけるのが強い負荷がかかる取っ手の部分
丁寧な仕上げが要求されます
取っ手の両側にはもう一枚革を重ねて縫い合わせます
お経のためです
麦割ったらうわ糸と下糸を結びます
寝っぱなしだとやっぱ解けちゃいますので止めます
結び目はほつれないよう火で溶かししっかりと固定します
さらにもう一枚革を重ねて補強を万全にします
手で握るグリップの部分は持ちやすいよう
皮を丸めて握り具合を調節したら
グリップの中に革製の丸い棒を差し込みつぶれないようにします
見た目も美しく丈夫な取っ手が出来上がりました
これを金具でボディに取り付けます
機能的で高級感あふれるボストンバッグは
長く使うほど味が出るといいます
お客さんから修理の依頼も持ち込まれます
これ何年ぐらい使ったか9月か10年内装部分の革を張り替えます
しかし外側の皮が伸びているため合わせるのが難しいんですが
柔らかくなる鳴門本館はないんですよ長さがそれを合わすんです
上手く新しい文作るよりも
治す方が技術が経験と技術が新しい
バッグを作るよりも難しいとされる修理
それは職人の腕試しの場でもあるのこれで
出来上がりです
新品もすごく好きなんですが
上品でデモ機ですね
こういうちょっと傷が入ったりとか
ホントに世界でひとつだけのバッグになるんだなって感じしますね
使い続けるうちに世界にひとつの自分だけのバッグになる
そんなバッグを作り続けたいと堀内さんは言いますか
送ってたして使ったら使っただけ返ってくる
だから子供を育てるのと同じような感じて
愛情を注ぐと帰ってくるようなもうなって
お客さんやっぱり満足していただく
やっぱ商品作りをこれからもやっていきたいなと思います
エロ動画アゲサゲ職人たちの手で
ひとつひとつ丁寧に作られていく革のバック
北海道の大地にバグ作りの伝統は確かに
息づいていました

商品情報

見逃したNHKの番組は動画配信サービス「NHKオンデマンド」で見ることができます。NHKの全チャンネルから最新の番組が視聴できる「見放題パック*1」は月額972円で配信期間中なら何回でも視聴できます。